トランプ勝利。アンリカ国家は分裂回避。日本列島にはシン・ゴジラがやってくる。

  「1% 対 99% の戦いだ」 

 トランプ陣営が選挙の終盤でこういいだしたとき、それをも覆す戦略をヒラリー側が持っていたのかどうか?

 しかも、ヒラリー本人は9月11日に死んでおり、たとえ当選しても、アメリカ社会では、インチキ選挙と替え玉偽物大統領に対する告発が、今後4年間、続くことになる。

今回のトランプ支持者の主流は、プアホワイト。湾岸戦争、イラク戦争、アフガン戦争、シリア戦争、ISISの正体を知っている。戦争を起こす謀略の中核が、アメリカ社会の1%にも満たない少数者の貪欲さで、その代表がヒラリー一派だったことを知っている。

 2001年「911」からの「インサイド・ジョブ」の声は、ネットを通じて、頻繁に流れていた。

 ヒラリーに勝たせたら、アメリカ国内は、とめどもない分裂・内乱状態になりかねない。

 これは、国家消滅の事態をも、引き起こしかねない。

 大富豪や成功者の利益と、国家(統治体)自体の存続を天秤にかければ、

 どちらが優先するのか、すぐに、わかる。

 国家を維持し、米ドルのマネー資産をまもるためにも、今回は、トランプにしたということか。

 となると、

 9月19日、替え玉ヒラリーに、いち早く面会し、日本は世界最速で国籍を与える国家にします、といった 安倍晋三は、どうなるのか?

 安倍の4年間は、全部失敗だった。 

そして、なにより「アンダーコントロール」という嘘は、日本のみならず、世界中に大問題を引き起こしたままなのに、オリンピックの東京招致を、裏金で勝ち取り、東京の地価を守って、いつわりの繁栄を、さらに飾ってきた。

 この間、原発事故を起こした東電の責任や、日本の原子力行政が、まったく追及されなかった。

マスメディアを強引に黙らせてきた安倍晋三と経済界。それに従った、検察などの司法。 

 この間、良識派の、司法、メディアの人間は、

 どれだけの苦渋と屈辱にまみれてきたことか。

国民のイノチを無視して、体制維持のみを国策にしてきた日本の権力層は、戦前の亡霊(「神武は実在」から始まる、「八紘一宇」の皇国史観)を引っ張り出して、戦争をできる国家へと改変を目論見、対中の軍事対立姿勢を強めてきた。

7月12日に南シナ海の領有問題で、日本が裁判員を揃えたハーグの仲裁判定で、中国が主張する「九段線」ラインを否定したことで「ぬか喜び」したのもつかの間、

翌日NHKでの今上陛下の「生前退位」の意向報道から、一気に、流れが変わった。

特に、8月8に陛下の肉声が、録画で全世界に流れた後は、世界人類の主流は、戦争屋の完全撲滅に向かって、最後の仕上げに入っていった。

その中で、今年の「911」でヒラリーが倒れ、安倍が、2020年までの政権維持に、プーチンとの日ロ交渉を成功させたい、という思惑があるのを知りながらも、予定された12月15日までの交渉成立に対し、プーチンは、「期限があるものではない」として、安倍たちの思惑を、根底から崩した。

安倍と日本の外務省、そして経済界は、自分の姿や足場を見れない甘ちゃんなので、本当に誤解していた。

プーチンは、アメリカの戦争屋が主導権を持っていたから、その出先である、日本の安倍との関係をよく見せていただけ。 その中で、安倍と経済界が、日本の被ばく実態を隠しているのを承知で、安倍が戦争屋の圧力に負けないように、交渉相手として、上手に顔を立てていただけのこと。

 交渉相手の背後にいる「真の敵」が力を失えば、安倍についても、是々非々の見方に変わる。

 「ホ」と、「基地」問題に、これまでの姿勢を変えようとしない、安倍には、当然、冷たくなる。

 

今、中国は、人民元が10月からSDRをもち、世界的に貿易や金融での決済通貨として使われる道が開けているので、これまで蓄えた米ドルを一気に放出しても、かまわない。

これまでの、ブレトンウッズ体制が、根本から構造変換が始まっている。

しかし、日本の経済界、なにより、外務省は、この意味が、まるで分っていない。

それでいて「ホ」の悲劇を隠すどころか、かえって国民に毒を巻き散らかし、新規の希望の芽をつぶしてきた。

しかし、その体制の、大本が、これで、もう、変わるしかない。

この大統領選挙の結果によって、日本で、戦後に築かれた、権力の足場が、完全に崩れたのだ。

そして、これまで、黙って耐えてきた良識派が、一斉に動き出す。

 検察は、今年の「911」以後に、まず、電通に狙いを定めた。

 ここが、日本国民の「愚民化」「痴呆化」の最前戦だったからだ。

マネーをどう使うかを、まったく問わず、 その人間の生き方が、低俗で卑劣でも、マネーを多く獲得することのみに賞賛を送るような風潮を作ったのは、小泉時代以来の自民党だった。 それを、新自由主義と礼賛した。それらに対し、

 

 これから、一斉に、

 真実の叫びと、良識の勇気が出てくる。 

 告発が始まる。

  さて、そのとき、何が出るか?

 権力側は、大あわてで、「都合の悪いことは、隠せ。 消せ」となりますね。

 アメリカの真正保守にすれば、そもそも日本に巣くっていた戦争屋が、どんな悪さをしていたのか、そんなものは、日本国民自身が、どう処理するかの問題だと、考えるだろう。

 

ということで、 

 

 これから、本当の、シンゴジラが、暴れることになる。

 

 自分の生存(ピュアな自然と嘘のない人間関係)を確保しながら

 (この部分は、統合医療と、自律自立) 

 政治的には、国会議員たちに情報公開法を作らせる。

 そのなかでも、特別会計に隠れた闇も公開だ。

 どんな、災害がくるかわからないし、みんな、甘えを捨てて、きちんと備えるんだよ。

【ご案内】『皆神塾(東京)』(12月14日)のDVDをキャンペーン価格で好評販売中です!!

DVDキャンペーン

12月14日に「東京」で開催した新井信介講演会『皆神塾(東京)』のDVDをキャンペーン価格で好評販売中です!!

<テーマ>:『行き過ぎた「予定調和」がもたらした悲劇を消せ!!』

<総論>:

◎Qたちの最終仕上げ。 NHK東京直下地震を特集。 処理のスタートは2012年冬至
◎悪魔の本拠は、「独善をいう概念」。キリスト教と、国家神道。フランシスコの引導
◎金融ワンワールドは、資本主義を卒業する。合成覇権通貨への準備
◎マネーの本質を洗い直し、「国家」と「市場」と、「心を動かすエネルギー」と
◎安倍晋三とその背景を徹底的に列島民と世界に知らしめる。 年明け「処分スタート」
◎準備を始めたユニバーサルチャイナ。 秦河勝とリニアの行方。 白山の泰澄 川勝知事と王毅外相

最大の犠牲者は、「自分の幸福を、マネーで、社会階層の中に見つけようとしたこと」
金融ワンワールドは、列島民がマネーを単なる道具と自覚するまで、「演出」をつづける
マネーでの金融破綻は起こさない。「持てる者」の意識をとことん変えさせる
どうなるソフトバンク?
要注意日は?2月11日。その前に、衆議院選挙はあるか? 地震は?

販売価格は、通常価格6000円のところを、2020年1月末までにご購入の方は、キャンペーン価格の「4000円」(瓊音倶楽部会の方は、「2000円」)でご提供します。
尚、恐縮ですが、別途送料380円を頂戴します。 (注)10月からは消費増税となりましたが、DVDの価格はそのままで、従来と同じ「4000円」で販売させて頂きます。ただ、送料については「380円」に変更させて頂きました。

全編で、2時間41分(161分)です。

《ご注文やお問い合わせは、担当の室伏までご連絡ください。
連絡先→TEL: 03-3548-1025 FAX:03-3548-1026 携帯: 090-5804-5078 E-mail:akimasa-murofushi@jcom.home.ne.jp
弊社HPの「瓊音ショップ」でもご購入いただけます。
次のリンク先の「瓊音ショップ」でもご購入いただけます。→ 「皆神塾(東京)」DVD(12月14日開催)
「瓊音ショップ」ではクレジット・カードもご利用いただけます。》

『瓊音倶楽部』『皆神塾』のご案内

何のために、私たちはこの世に存在するのか?
この問いは、6000年前に文明が始まった時から続いています。
瓊音倶楽部では、この問いに対して、人体(機能)と心(魂)からなる「人間」を見つめます。
人類は、文明を生み出しましたが、それによって生きている人間の喜びが、つぶされては意味がありません。
どんなに喜び、生きるのか?私たちは、皆さんと一緒になって考えていきます。(注)「瓊音」とは、全てのイノチのヒビキのことです。

『皆神塾』:文明アナリスト・新井信介を中心に、隔月で開催する勉強会です。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野の問題を解き明かしていきます。

(注)『皆神塾』は隔月で開催しており、講演内容はDVDに収録して販売しております。
詳細については「瓊音ショップ」をご覧ください。

『瓊音倶楽部』:会員制(有料)で、毎月1回情報誌をお届けしています。
「皆神塾」や「ブログ」などでは、お伝えできないようなオフレコ情を含めて、「明確で強いメッセージ」を会員限定でお届けしています。

また、月次でレポートをお届けするだけではなく、様々な特典がございます。詳細については、以下の「瓊音倶楽部のご案内」(PDFファイル)をご覧ください。
》瓊音倶楽部のご案内(PDFファイル)

「皆神塾」「瓊音倶楽部」についてご興味のある方、ご不明な点がございましたら、下記問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
》お問い合わせ