日本近代、明治政府の対外進出の戦略論(動機づけ)は、佐藤信淵「混交秘策」からでした。

  江戸時代までの、島国日本を、文明開化させ、その「皇(スメロギ)」を、世界中に開放・拡大する。

 天皇の威光を広くアジアに広げていく。それには、まず、中国大陸を、併呑する。

 こうした大構想を、幕末にもっていた人間がいました。

 もちろん、それを進めるには、日本国民に高い道義と、優れた文明の吸収が必要だといっていたのですが、

 これが、明治政府になってからあと、帝国主義の中で、最初の志がマネーに汚れ、変容・劣化していきました。

 「万世一系」の神国日本の「スメロギ」を世界に広めるべし、と、

  大戦略を言ったのは、秋田出身の佐藤信淵です。

 彼の思想(というより、大言壮語)が、現実の国家政策「八紘一宇」「大東亜共栄圏」に発展していったのです。

 面白い研究論文が、ネットで公開されていました。

 http://repository.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/dspace/bitstream/2261/4623/1/KJ00000126394.pdf

 この中で、最後部に ≪混交秘策≫ に言及しています。

 「万国を征服して、皇化に浴せしめ、世界帝国を建設することは、日本の「国際責任」・・・」

 (当時としては、中華皇帝コンプレックスの反動です。まあ、清は、アヘン戦争以後、ボロボロでしたが。)

 これが、明治・大正・戦前の教育をすすめるときに、ものすごい使命感を、列島の民に植えつけました。

 それが、満州事変以後の軍部と御用メディアの暴走で、破たんしたのです。

 この反省・総括ができていない人間が、あまりに、多すぎます。何が正しく、何が、間違っていたのか?

 日本会議の重鎮たち(代表、加瀬英明)は、「あの時、核兵器を持っていなかったから負けた」といまでも、真顔で言っているのです。歴史の真相をまるで知らない人間の屈辱感が、すべての判断を狂わせているのです。 実際は、昭和天皇が、あえて負けるように仕向けたのですが、問題は、なぜそうなったのか、です。

 その結果、戦後も、国家の利権にありつこうとする、天皇崇拝教と、ロボット人間の大量生産になりました。

 

 「皇化」とは何なのでしょう。 もちろん、そこにあったのは、天皇=現人神(アラヒトカミ)です。

 それに対し、今上陛下は、自ら「生前退位」を、国民に宣言されたように、 人間なのです。 

 戦後の日本の統治体は、民主主義とは、言葉だけで、有権者であるという、本質的な意味(ルール制作者との自覚と責任)をきちんと教えず、不正選挙を見逃し、311以後は、フクシマの毒を進んで国民に食らわせ、撒き散らせます。(しかも、アメリカの戦争屋のいいなりで、ATMでした)

 そんな統治体が、まったく変化しないままで、世界中の模範になる なんてことは、ありえないでしょ。

 日本国民が、思いやりがあり、細かい配慮ができ、きれい好きで、現実対処の場面で工夫が上手いのは、

 明治からの統治体が、もたらしたのではなく、縄文から続く、列島の民族の文化性に根ざしています。

 この辺を、日本会議の面々は、まったく理解できないのです。 哀れです。   

 

ぬなとショップおすすめ商品

『瓊音倶楽部』『皆神塾』のご案内

何のために、私たちはこの世に存在するのか?
この問いは、6000年前に文明が始まった時から続いています。
瓊音倶楽部では、この問いに対して、人体(機能)と心(魂)からなる「人間」を見つめます。
人類は、文明を生み出しましたが、それによって生きている人間の喜びが、つぶされては意味がありません。
どんなに喜び、生きるのか?私たちは、皆さんと一緒になって考えていきます。(注)「瓊音」とは、全てのイノチのヒビキのことです。

『皆神塾』:文明アナリスト・新井信介を中心に、隔月で開催する勉強会です。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野の問題を解き明かしていきます。

(注)『皆神塾』は隔月で開催しており、講演内容はDVDに収録して販売しております。
詳細については「瓊音ショップ」をご覧ください。

『瓊音倶楽部』:会員制(有料)で、毎月1回情報誌をお届けしています。
「皆神塾」や「ブログ」などでは、お伝えできないようなオフレコ情を含めて、「明確で強いメッセージ」を会員限定でお届けしています。

また、月次でレポートをお届けするだけではなく、様々な特典がございます。詳細については、以下の「瓊音倶楽部のご案内」(PDFファイル)をご覧ください。
》瓊音倶楽部のご案内(PDFファイル)

「皆神塾」「瓊音倶楽部」についてご興味のある方、ご不明な点がございましたら、下記問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
》お問い合わせ

この記事を書いた人

株式会社K2O

株式会社K2O