「稲の根本に鎌」は、日本の隠れた軍事施設や軍事研究を白日に晒すのか、潰すのか。

 こんにちは。

昨日の記事(二重構造)です。

 飯山大魔神にメールしたら、

トリチウム水蒸気を否定して目隠しするためのヨタ記事です。

 万々一!「二層構造だった」としても,例えば3号機の「核爆発」で,下層の原子炉も破壊されます。テキストの字面に,真実とウソと妄想が散りばめられたゴロ記事なんざ,即刻無視でしょう。

 と、一刀両断されました。

もともと、この情報の発信者は、「日本の黒い霧」の著者で、1985年8月に起きたJAL123便の真相を追いかけている人でした。

 あの事件は、第二次中曽根内閣時代の出来事でした。

この事件の背景については、私は、「311」のあったあとの4月に、糸魚川に姫川薬石を取りに行った時、そこで紹介されたN氏から聞いたことが有ります。

「日本が極秘に、軍事に使える特殊アイソトープを研究開発していたところ、そのことが米軍の情報網にキャッチされたため、その実物が押収される前に、移動を試みている時に起きた事件だ」と。

 つまり、墜落ではなく、撃墜 。

敗戦後、日本の軍は、一旦、解体したが、朝鮮戦争を契機に、警察予備隊が在日米軍の任務を引き着いで再武装化したことから、この中で、徐々に復活し、自衛隊になって、実質、国防の軍事組織となって成長した。

その前に、憲法と日米安保をつくり、国家主権者を無視して暴走する日本軍を、ビンの中に封じ込めておく。これが、昭和天皇とアメリカ(マッカーサー)による、「ビンのフタ」論でした。

一方、朝鮮戦争での特需から経済復興したために、日本の財界は、この「ビンのフタ」があるにもかかわらず、米ソの冷戦下、アメリカの同盟国の立場で、自衛隊の軍事増強を進めます。

ベトナム戦争が、またまた、特需を生みます。

この中で、原子力発電が、「未来の希望」と喧伝されながら、日本でも実用化します。

 福島についてみれば、フクイチの1号機は、1967年に着工。1971年に営業運転開始

  MOX燃料を使う3号器は、1970年に着工で、営業運転は、1976年でした。

 「311」のあと、猛烈な爆発(核爆発)を起こしたのが3号器です。

 そして、日本の原発を管理・監督していたのが、イスラエルのマグナBSP社でした。

 で、田中角栄の全盛時代、角栄の子分の渡部恒三が福島に原発を誘致したのですが、このとき、フクイチで、何が計画されたのでしょうか?

 ただ、昨日紹介した「2重構造」説ですが、もし、これがあったとしたら、一番問題のフクイチ3号器のはずで、これは1970年から1975年の建造になり、このときは、ニクソンショック・ニクソン訪中から、第4次中東戦争、ベトナム戦争でのパリ協定の時代です。宗主国アメリカのドサクサの中で、日本の軍事勢力が、わざと手の込んだものを、隠れて造っていたことになります。

 そして、そのための資金は、東電の電力を使う首都圏の住民が負担していたことになります。

表は、平和憲法という「ビンのフタ」がありながら、裏では、経済での利益を求める人間に、密かに支持されながら、戦前の亡霊がどんどん成長していた。

それを、アメリカの戦争屋が知りながら、さらに、ソ連につづいて、北朝鮮や中国を、日本国の仮想敵国に仕立てあげてどんどん刺激する。それを、イスラエルが監視する。

 1948年5月にイスラエルが建国されると領土拡大でパレスチナに侵食する。一方、それに反発するイスラム諸国では原油の発見、増産が続く。1971年に8月に金本位制を捨てた後も、原油売買の「ドル建て」原則で、FRB発行の米ドルの支配権が強化され、広まった。

「ビン」の中で閉じ込められていたはずの、日本の軍事意欲はどんどん膨張する。そのための情報は、いつも、アメリカのCIAによってもたらされた。その圧力をどこに向けるか? アーミテージらジャパンハンドラーの重要な仕事だった。 

 フクイチ問題の解決は、人類の問題ですが、これは同時に、戦後日本の「軍事の実態」を、全世界に公開することになっていきます。

そうそう、中曽根大勲位が、まだまだご存命です。時代の生き証人として、真実を聞き出さないといけませんね。

 フクイチ三号機は、原子炉自体が「二重構造」になっているというより、地下で、軍事用の「何か」が生成されていたのではないか、と考えます。そして、3号器の爆発後、空間線量が、比較的少なかったのは、大量のゼオライトが空中散布されたためと考えます。

 ただ、このとき、UFOの飛来が確認されているので、そこが、放射能を消しているという説も、完全に否定はできません。この問題は、なぜ、UFOが存在するのか?それは何者なのか?何が狙いなのかの話になりますので、ここで止めます。 

ぬなとショップおすすめ商品

『瓊音倶楽部』『皆神塾』のご案内

何のために、私たちはこの世に存在するのか?
この問いは、6000年前に文明が始まった時から続いています。
瓊音倶楽部では、この問いに対して、人体(機能)と心(魂)からなる「人間」を見つめます。
人類は、文明を生み出しましたが、それによって生きている人間の喜びが、つぶされては意味がありません。
どんなに喜び、生きるのか?私たちは、皆さんと一緒になって考えていきます。(注)「瓊音」とは、全てのイノチのヒビキのことです。

『皆神塾』:文明アナリスト・新井信介を中心に、隔月で開催する勉強会です。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野の問題を解き明かしていきます。

(注)『皆神塾』は隔月で開催しており、講演内容はDVDに収録して販売しております。
詳細については「瓊音ショップ」をご覧ください。

『瓊音倶楽部』:会員制(有料)で、毎月1回情報誌をお届けしています。
「皆神塾」や「ブログ」などでは、お伝えできないようなオフレコ情を含めて、「明確で強いメッセージ」を会員限定でお届けしています。

また、月次でレポートをお届けするだけではなく、様々な特典がございます。詳細については、以下の「瓊音倶楽部のご案内」(PDFファイル)をご覧ください。
》瓊音倶楽部のご案内(PDFファイル)

「皆神塾」「瓊音倶楽部」についてご興味のある方、ご不明な点がございましたら、下記問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
》お問い合わせ

この記事を書いた人

株式会社K2O

株式会社K2O