【お知らせ】明日(11月6日)は、京都「宇治」で新井先生の講演会です!!

明日(11月6日)は、京都「宇治」で新井先生の講演会です!!

ぜひ、お誘いあわせのうえ、ご来場ください。
 
内容は、「日本書紀と宇治」をテーマにお話をされます。
詳細は、次のリンクからご覧ください。→ 講演会・概要
 

116日(日): 新井信介講演会 「日本書紀にみえる宇治」

   場所: 「ゆめりあ うじ」 (JR宇治駅前:宇治市宇治里尻5-9

   時間: 15時から17時くらいまで

   参加費: 2500円 

<お申し込み&連絡先>

「ちはやぶる宇治の未来をつくる会」 連絡先:090-3994-7595 森田

 

※K2O 室伏(090-5940-5078)までご連絡いただいても結構です。 

なお、明日のレジメを以下添付させて頂きます。
 
<レジメ>

テーマ: 日本書紀と宇治 

テーマ:日本書紀と宇治 

1)日本書紀とは? 成立年代 内容。  古事記との違い。   

真実を伝えているか?

中国の史書との関連 

2)宇治が最初に出てくるのは?  「国産み」「国譲り」 ・・・莵道彦とは? 

武内宿禰「内能阿曽」:

景行天皇屋主忍男武雄心命と、菟道彦(紀直遠祖)の女の影媛との間に生まれた。

孝元天皇[孝元(第8代)皇子彦太忍信命を武内宿禰の祖父とする。

』、孝元の皇子の比古布都押之信命(彦太忍信命)と宇豆比古(木国造)の妹の山下影日売との間に生まれた。孝元の皇孫。

 卑弥呼は、道教の巫女。許黄玉。(鏡と剣) 

   画紋帯神獣鏡 三角縁神獣鏡  方画規矩四神鏡  金銀錯嵌珠龍文鉄鏡  海獣神獣鏡

(垂仁時代)

  天皇、於茲、執矛祈之曰「必遇其佳人、道路見瑞。」比至于行宮、出河中、天皇舉矛剌、忽化爲白石。謂左右曰「因此物而推之、必有驗乎。」仍喚綺戸邊納于後宮、生磐衝別命、是三尾君之始祖也。

「額有角人」「田道間守至自常世國」「勾玉」

  昔丹波國桑田村有人、名曰甕襲。則甕襲家有犬、名曰足往。是犬、咋山獸名牟士那而殺之、則獸腹有八尺瓊勾玉。因以獻之。是玉今有石上神宮也。 

3)木幡嬢女 と 鏡山

額田王(万2-155 やすみしし 我(わ)ご大君の 畏(かしこ)きや 御陵(みはか)仕ふる 山科の  鏡の山に

  夜はも 夜のことごと 昼はも 日のことごと 哭のみを 泣きつつありて ももしきの大宮人は 行き別れなむ。

倭大后; 天の原ふりさけ見れば大君の御寿は長く 天足らしたり(万2-147)             青旗の木幡の上をかようとは、 目には見れども、直に逢はぬかも(万2-148

応神「到坐木幡村之時、麗美孃子」

 仁徳 「時有海人、齎鮮魚之苞苴、獻于菟道宮也。」 

4)宇治 莵道 の起源

   宇美と 淮南子の宇宙 

5)聖徳太子と宇治  敏達時代  

6)白村江の戦いと 宇治  665年 劉徳高は、なぜ、宇治に来たか?  

7)伊勢と宇治の関係  二つの宇治橋 宇治の「神」威 が 伊勢に移った。 

<お申し込み&連絡先>

「ちはやぶる宇治の未来をつくる会」 

連絡先:090-3994-7595 森田

※K2O 室伏(090-5940-5078)までご連絡いただいても結構です。

ぬなとショップおすすめ商品

『瓊音倶楽部』『皆神塾』のご案内

何のために、私たちはこの世に存在するのか?
この問いは、6000年前に文明が始まった時から続いています。
瓊音倶楽部では、この問いに対して、人体(機能)と心(魂)からなる「人間」を見つめます。
人類は、文明を生み出しましたが、それによって生きている人間の喜びが、つぶされては意味がありません。
どんなに喜び、生きるのか?私たちは、皆さんと一緒になって考えていきます。(注)「瓊音」とは、全てのイノチのヒビキのことです。

『皆神塾』:文明アナリスト・新井信介を中心に、隔月で開催する勉強会です。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野の問題を解き明かしていきます。

(注)『皆神塾』は隔月で開催しており、講演内容はDVDに収録して販売しております。
詳細については「瓊音ショップ」をご覧ください。

『瓊音倶楽部』:会員制(有料)で、毎月1回情報誌をお届けしています。
「皆神塾」や「ブログ」などでは、お伝えできないようなオフレコ情を含めて、「明確で強いメッセージ」を会員限定でお届けしています。

また、月次でレポートをお届けするだけではなく、様々な特典がございます。詳細については、以下の「瓊音倶楽部のご案内」(PDFファイル)をご覧ください。
》瓊音倶楽部のご案内(PDFファイル)

「皆神塾」「瓊音倶楽部」についてご興味のある方、ご不明な点がございましたら、下記問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
》お問い合わせ

この記事を書いた人

株式会社K2O

株式会社K2O