汚れて腐りきった革袋は完全崩壊に向かっている。覚悟して「新しい革袋」を作ろう。まずは身近な小さなところから。

人類世界は今、大変な変革中。

そこでの戦いは、これまでとは全く異次元です。

「万物の霊長である」人類の個々人それぞれの所行に対する、

因果応報の、整理・清算の戦いです。逃れられないね。

何を整理するのか? 何を清算するのか?

マネー?

そんな次元ではありません。

これなど、1815年のウィーン会議以後のこと。

「支配権」の交替です。

「虚構(支配的空気)」から「実態(リアル)」へ。

すごいことになる。

たんなる、ピザゲートだけじゃない。

社会のダイナモ(社会の駆動原理)が変わる。

今は、これまでのダイナモが急速崩壊する段階。

汚れた手では、どんな清水を掬っても、すぐに汚れてしまう。

もう、逃げ切れないでしょう。バチカンだけでなく、列島のカバルも。

カバルとは、虚構神話を作って自らの権威を高め、搾取する仲間のこと。

仏教関係者と、この二日、話していました。

12日(日)は、池田大作を破門にした、大石寺系列の方が山梨から我が家にきてくれました。
   いろは歌、和泉式部の歌などを書にした、素敵な贈り物をいただきました。

13日(月)は、中野市の信濃高野山の二代目が「住職」になったとラインに書き込みがあったので、久しぶりに訪ね、今の時代に理解にこれが不可欠として『項羽と劉邦』を渡しました。
地上の人間の意志と天が示した運命の流れ、そして、二人と交わる女性たち(項羽の虞美人、劉邦の4人の女性)が残したもの(意味・教訓)などを学び取ってほしいと話しました。

覚者との会話は楽しい。

今日はここまで。

ぬなとショップおすすめ商品

『瓊音倶楽部』『皆神塾』のご案内

何のために、私たちはこの世に存在するのか?
この問いは、6000年前に文明が始まった時から続いています。
瓊音倶楽部では、この問いに対して、人体(機能)と心(魂)からなる「人間」を見つめます。
人類は、文明を生み出しましたが、それによって生きている人間の喜びが、つぶされては意味がありません。
どんなに喜び、生きるのか?私たちは、皆さんと一緒になって考えていきます。(注)「瓊音」とは、全てのイノチのヒビキのことです。

『皆神塾』:文明アナリスト・新井信介を中心に、隔月で開催する勉強会です。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野の問題を解き明かしていきます。

(注)『皆神塾』は隔月で開催しており、講演内容はDVDに収録して販売しております。
詳細については「瓊音ショップ」をご覧ください。

『瓊音倶楽部』:会員制(有料)で、毎月1回情報誌をお届けしています。
「皆神塾」や「ブログ」などでは、お伝えできないようなオフレコ情を含めて、「明確で強いメッセージ」を会員限定でお届けしています。

また、月次でレポートをお届けするだけではなく、様々な特典がございます。詳細については、以下の「瓊音倶楽部のご案内」(PDFファイル)をご覧ください。
》瓊音倶楽部のご案内(PDFファイル)

「皆神塾」「瓊音倶楽部」についてご興味のある方、ご不明な点がございましたら、下記問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
》お問い合わせ

この記事を書いた人

新井信介

新井信介

1957年長野県中野市生まれ。東京外国語大学(中国語専攻)から住友商事を経て独立。中国の改革開放に立ち会い、独立後は西欧世界にもネットワークを構築。地球史の視野で、国家・宗教・マネーの意味と構造を探り、個人の可能性(想像性・創造性)と、普遍的文化価値を探求している。そのために、『皆神塾』を主宰し、会員制の『瓊音(ヌナト)倶楽部』も立ち上げて、研鑽を深めています。