新年は、この3ジジ対談を必ず見て迎えよう。腑抜け野党は、1940年体制の中でぬくぬく。日本の国家体制も来年は根こそぎ変わることは全く視野に入っていない。

【平野貞夫×佐高信×早野透 3ジジ生放談】年末に政権末期を語る – YouTube

今の日本の政治家で、宇宙と文明史的視野をもつものは誰もいない。

日本の「国家」を作り出している「カミ・モドキ」の存在をどう扱うか、

ここが、明治以来の体制改革の全てなのだけど、誰もここが見えない。

列島にできた「神話」こそが、列島に暮らす人間を自分の能力を

自覚させない最大の原因なのだけど、ここをどこまでも無知蒙昧にする。

そうすることで、地位と利権を得たままにする。それはもう許されない。

新年は、こことの戦いになりますね。

まずは、明治以来の国家に対する依存をなくすこと。

これが基本だ。

その上で、列島での「統治体」の始まり、形成過程をしること。

ここでは、ファンタジーの排除が、絶対条件。

天皇なる存在は、いつ生まれたのか?

その言葉は、いつできた?

列島の統治権力の実態と、大陸の統治権力(易姓革命)の違いは?

万世一系などという、夢物語は、不比等が作り出した。

 

観念の神「イエス・キリスト」を、統治の権威としたのと同じだよ。

リアルのカミGODは、2000年前の実在の人間イエスインマヌエルが

父(ファーザー)と呼び慕っていた存在で、

これは、東アジア(特に中国語圏)では、太一と認識されたた。

ここと、繋がろう。力も、智慧も沸いてきます。

ぬなとショップおすすめ商品

『瓊音倶楽部』『皆神塾』のご案内

何のために、私たちはこの世に存在するのか?
この問いは、6000年前に文明が始まった時から続いています。
瓊音倶楽部では、この問いに対して、人体(機能)と心(魂)からなる「人間」を見つめます。
人類は、文明を生み出しましたが、それによって生きている人間の喜びが、つぶされては意味がありません。
どんなに喜び、生きるのか?私たちは、皆さんと一緒になって考えていきます。(注)「瓊音」とは、全てのイノチのヒビキのことです。

『皆神塾』:文明アナリスト・新井信介を中心に、隔月で開催する勉強会です。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野の問題を解き明かしていきます。

(注)『皆神塾』は隔月で開催しており、講演内容はDVDに収録して販売しております。
詳細については「瓊音ショップ」をご覧ください。

『瓊音倶楽部』:会員制(有料)で、毎月1回情報誌をお届けしています。
「皆神塾」や「ブログ」などでは、お伝えできないようなオフレコ情を含めて、「明確で強いメッセージ」を会員限定でお届けしています。

また、月次でレポートをお届けするだけではなく、様々な特典がございます。詳細については、以下の「瓊音倶楽部のご案内」(PDFファイル)をご覧ください。
》瓊音倶楽部のご案内(PDFファイル)

「皆神塾」「瓊音倶楽部」についてご興味のある方、ご不明な点がございましたら、下記問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
》お問い合わせ

この記事を書いた人

新井信介

新井信介

1957年長野県中野市生まれ。東京外国語大学(中国語専攻)から住友商事を経て独立。中国の改革開放に立ち会い、独立後は西欧世界にもネットワークを構築。地球史の視野で、国家・宗教・マネーの意味と構造を探り、個人の可能性(想像性・創造性)と、普遍的文化価値を探求している。そのために、『皆神塾』を主宰し、会員制の『瓊音(ヌナト)倶楽部』も立ち上げて、研鑽を深めています。