トランプさんコロナに罹ったけど元気ですか?財布の中身は大丈夫ですか?一方菅さん、たたき上げの人間は、既得権益層に対してはイチモツありますか?

こんにちは。アメリカ大統領選挙は今、場外乱闘の真っただ中。

ここでトランプ個人の金銭事情です。事情通から以下が来ました。特別に公開します。

------------------

タイムズ紙によると、トランプは、大統領に選出される前の15年間のうち10年間は​​所得税を支払わず、2016年と2017年には年間わずか750ドルでした。

また、2005年から2007年にかけて7,010万ドルの所得税を支払い、2016年と2017年の課税年度に、トランプは合計520万ドルを支払いましたが、それらは、のちに払い戻しを受けています。その結果、2016年と2017年は750ドルの支払いだったというもの。

タイムズ紙は、トランプが数億ドルの借金(約4億ドルといわれる)に直面していること、そしてそれらの支払いが来年以降に到来するとしています。

さて、では何が問題かということです。

米国はじめ海外の富裕層は節税を積極的に行っていて、法的に問題とは言えないかもしれません。しかし、大統領選を前にして、ビジネスマンとして大成功したという触れ込みは瓦解してしまいます。

トランプがアプレンティスというTV番組に出演したころ、彼は事実上破産していて、番組が成功したことで、番組関連の商品のロイヤリティなどで数億ドルの収入を得たとされています。しかし、それらは、トランプ・オーガニゼーションのホテルやゴルフ場ビジネスに投じられたのですが、それらはことごとく失敗しています。

それらの損失の結果、トランプの所得税は、控除を受けているわけです。 現在も、トランプ・オーガニゼーションのビジネスはうまくいっていません。今年に入ってコロナの影響もあり、さらに悪化しています。 トランプ・オーガニゼーションは、現在、息子が経営を担っているのですが、先の選挙では、選挙資金を流用したという疑惑もあがったり、今回のコロナ下で、政府の補助金を特権を利用して受け取ったのではないかと指摘されています。

つまり、トランプはビジネスで成功したということになっていますが、カジノなどでは4回倒産し、最近のホテルやゴルフ場ビジネスでも全くうまくいっていないということで、成功者というイメージとは全く異なるということです。

さらに、ここからは私見ですが、過去数回の倒産をしているにもかかわらず、トランプが資金を調達できたのは、ドイツ銀行の支援があったからです。ドイツ銀行が、80年代後半以降、世界的な投資銀行になるという目標を掲げて、米国に乗り込んだのですが、うまくゆかずに、結果的には、リスクを覚悟のうえで、他の銀行が取引をしたがらないトランプとの関係が出来てしまったということでしょう。

ドイツ銀行は、リーマンショックで制裁を受け、最近ではマネーロンダリングで巨額の制裁を課されています。トランプ及びその会社の財務情報はかなり持っているドイツ銀行に対して、最近は、それを公開しろという世間的な圧力が出ていました。それを出されると困るトランプとの間には様々な駆け引きがあったはずです。また、トランプ・オーガニゼーションを巡っては、巨額の使途不明金の問題や、海外でのビジネスで海外の政府や政府高官との間で透明な関係があったのではないかと噂されています。

場合によっては、それらは国益に反するものだったかもしれません。

・・・・・・・・・・・・・・・・

あと、以下の対談は、面白い。日本の財政と菅内閣の国内政治です。

戦後日本のシステム=1940年体制が、完全崩壊するしかない、と考えさせられます

もちろん、金融ワンワールドは、大統領の選挙のあとは、日本のこの結末をどうするか、きっと考えを持っているでしょう。

戦争の代わりに何かが起きるでしょうが、それは、来年7月のグレートリセットなのか? ダボス会議と東京五輪は、予告に過ぎずに、その後なのか? いや、その前に起きるのか?

追記 7日、最新の動画です。既得権益をぶっ飛ばせ!

【ご案内】『皆神塾(東京)』(12月14日)のDVDをキャンペーン価格で好評販売中です!!

DVDキャンペーン

12月14日に「東京」で開催した新井信介講演会『皆神塾(東京)』のDVDをキャンペーン価格で好評販売中です!!

<テーマ>:『行き過ぎた「予定調和」がもたらした悲劇を消せ!!』

<総論>:

◎Qたちの最終仕上げ。 NHK東京直下地震を特集。 処理のスタートは2012年冬至
◎悪魔の本拠は、「独善をいう概念」。キリスト教と、国家神道。フランシスコの引導
◎金融ワンワールドは、資本主義を卒業する。合成覇権通貨への準備
◎マネーの本質を洗い直し、「国家」と「市場」と、「心を動かすエネルギー」と
◎安倍晋三とその背景を徹底的に列島民と世界に知らしめる。 年明け「処分スタート」
◎準備を始めたユニバーサルチャイナ。 秦河勝とリニアの行方。 白山の泰澄 川勝知事と王毅外相

最大の犠牲者は、「自分の幸福を、マネーで、社会階層の中に見つけようとしたこと」
金融ワンワールドは、列島民がマネーを単なる道具と自覚するまで、「演出」をつづける
マネーでの金融破綻は起こさない。「持てる者」の意識をとことん変えさせる
どうなるソフトバンク?
要注意日は?2月11日。その前に、衆議院選挙はあるか? 地震は?

販売価格は、通常価格6000円のところを、2020年1月末までにご購入の方は、キャンペーン価格の「4000円」(瓊音倶楽部会の方は、「2000円」)でご提供します。
尚、恐縮ですが、別途送料380円を頂戴します。 (注)10月からは消費増税となりましたが、DVDの価格はそのままで、従来と同じ「4000円」で販売させて頂きます。ただ、送料については「380円」に変更させて頂きました。

全編で、2時間41分(161分)です。

《ご注文やお問い合わせは、担当の室伏までご連絡ください。
連絡先→TEL: 03-3548-1025 FAX:03-3548-1026 携帯: 090-5804-5078 E-mail:akimasa-murofushi@jcom.home.ne.jp
弊社HPの「瓊音ショップ」でもご購入いただけます。
次のリンク先の「瓊音ショップ」でもご購入いただけます。→ 「皆神塾(東京)」DVD(12月14日開催)
「瓊音ショップ」ではクレジット・カードもご利用いただけます。》

『瓊音倶楽部』『皆神塾』のご案内

何のために、私たちはこの世に存在するのか?
この問いは、6000年前に文明が始まった時から続いています。
瓊音倶楽部では、この問いに対して、人体(機能)と心(魂)からなる「人間」を見つめます。
人類は、文明を生み出しましたが、それによって生きている人間の喜びが、つぶされては意味がありません。
どんなに喜び、生きるのか?私たちは、皆さんと一緒になって考えていきます。(注)「瓊音」とは、全てのイノチのヒビキのことです。

『皆神塾』:文明アナリスト・新井信介を中心に、隔月で開催する勉強会です。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野の問題を解き明かしていきます。

(注)『皆神塾』は隔月で開催しており、講演内容はDVDに収録して販売しております。
詳細については「瓊音ショップ」をご覧ください。

『瓊音倶楽部』:会員制(有料)で、毎月1回情報誌をお届けしています。
「皆神塾」や「ブログ」などでは、お伝えできないようなオフレコ情を含めて、「明確で強いメッセージ」を会員限定でお届けしています。

また、月次でレポートをお届けするだけではなく、様々な特典がございます。詳細については、以下の「瓊音倶楽部のご案内」(PDFファイル)をご覧ください。
》瓊音倶楽部のご案内(PDFファイル)

「皆神塾」「瓊音倶楽部」についてご興味のある方、ご不明な点がございましたら、下記問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
》お問い合わせ

この記事を書いた人

新井信介

新井信介

1957年長野県中野市生まれ。東京外国語大学(中国語専攻)から住友商事を経て独立。中国の改革開放に立ち会い、独立後は西欧世界にもネットワークを構築。地球史の視野で、国家・宗教・マネーの意味と構造を探り、個人の可能性(想像性・創造性)と、普遍的文化価値を探求している。そのために、『皆神塾』を主宰し、会員制の『瓊音(ヌナト)倶楽部』も立ち上げて、研鑽を深めています。