アフガン~タジク~キルギスの最新映像。中国の若者がクルマで踏破。李白はスイアーブ(砕葉城)で生まれたシルクロード商人の息子。

8月16日以来、全世界の耳目を集めるのがアフガニスタンですが、6年前に、私は中央アジアに行ったことがあります。西突厥の首都スイアーブ(砕葉城)やイシククル湖のあるキルギス、そして、ウズベクの首都のタシケント、唐代の都護府のあったサマルカンドです。

アフガニスタンに行くには、サマルカンドからさらに南下するか、あるいは、キルギスの山岳を抜けタジキスタンを通らなければなりません。そのタジキスタンの南がパミール高原で、そこを抜けると、アフガンと中国を結ぶ、ワハーフ回廊があります。

その地を、昨年末から車で走破した中国人の若夫婦の紀行記のビデオがYOUTUBEにあるのを見つけました。

中国側からワハーフ回廊瓦罕走廊に入り、中国车穿越世界死亡公路——瓦罕走廊!探寻千年古丝绸之路!汽车没油,困在雪域深山,荒无人烟,九死一生! – YouTube

そしてタジクの山岳ルート、开着中国车,深入中亚葱岭雪域——塔吉克斯坦!帕米尔高原险阻,被中国人打通,太不容易了! – YouTube

そして、キルギスのオシュ、ビシュケクから、スイアーブを抜けて、探寻吉尔吉斯斯坦,被遗弃的唐朝旧城——碎叶城!一片废墟,人迹罕至!周围村落的人,竟然说陕甘官话! – YouTube  ・・・8分に、スイアーブ『奨進酒』

最後は、ナリンを過ぎて、中国領に戻るという、大変な車旅です。

6年前に中央アジアの一部であれ、実地を見聞したものにとって、この間の変化を確かめるように、とても興味深く見ました。あの時はまだ中国人の影が薄かったのですが、今では、タジク、キルギス共に鉱工業への中国企業の出資が増えたようです。

今回、中国の自宅(たぶん江蘇省)から、クルマでいきなり真冬のパミール高原まで来てしまうのですが、それが2021年の中国の若者なのです。この時の男性は行く先々で、地理や歴史の知識を交え、コロナで大騒ぎになった後の2020年年末からの現地レポートをしてくれるのです。このとき、キルギスのスイアーブ(砕葉城)にきて、そこが、唐代の詩人、李白の生まれ故郷であることに思いを馳せ、彼が詠んだ『奨進酒』の詩を天に向けて歌いあげます。

將進酒:李白 (hix05.com)

この詩の中の「天生我才 必有用」の一節は、特に有名で、中国の教養人の魂を震わす成語になっています。

「天が私を生んだからには、(私には)必ずなすべき用があるのだ」 の意です。

人生の苦衷で失意に落ちかけた時、自分がこの世に生まれた意味を天を見つめながら、自分には、必ず役割があるんだ、とおおらかに歌い上げるものです。絶対に、絶望しない。生きている今の自分を、決してあきらめない。そして、人生を楽しんでいく。

私が興味を持つのは、2020年の年末、中国の若者が、この中央アジアを車で踏破しているという事実です。すでに、「一帯一路」が着実に進んでいること。そして、アフガンへと、中国が補給ルートを確保していることが分かるのです。

8月16日のタリバンによるアフガン制圧の前に、7月28日、王毅外相は天津でタリバン代表と会っていました。そのときは、「テロ組織にはなるな」と、くぎを刺していました。今、ロシアと中国は同盟関係にあるのですが、そのもっとも重要なことは、国内にいるテロ組織とは、断固対決する姿勢で一致していたのです。戦後、中央アジアに広がったテロ組織は、どれも、アメリカのCIAの外交戦略上の画策の中で育成されてきたものでした。

それを今、つぶす、押え込むという、中ロ、そして、裏に回っているトランプの動きが、今回のタリバンの動きなのでしょう。

さあ、こうした中で、日本は、どんな立場をとるのでしょう。満州で麻薬を栽培し、上海で売りさばいたのが満州亡霊です。これは青幇と組んだ戦前の陸軍特殊部隊でしたが、今、その残党が、あえて東アジアに緊張を創り出そうとしていたのを、どうも、この16日以後、抑え込みに入っているのではないか。

それを暗示するのが、、ロシア発の以下の記事でした。

22日の深夜には、NHKのBSが占領中のインドネシアで、日本の陸軍が、細菌兵器の人体実験をしていたことを告発していました。

ぬなとショップおすすめ商品

『瓊音倶楽部』『皆神塾』のご案内

何のために、私たちはこの世に存在するのか?
この問いは、6000年前に文明が始まった時から続いています。
瓊音倶楽部では、この問いに対して、人体(機能)と心(魂)からなる「人間」を見つめます。
人類は、文明を生み出しましたが、それによって生きている人間の喜びが、つぶされては意味がありません。
どんなに喜び、生きるのか?私たちは、皆さんと一緒になって考えていきます。(注)「瓊音」とは、全てのイノチのヒビキのことです。

『皆神塾』:文明アナリスト・新井信介を中心に、隔月で開催する勉強会です。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野の問題を解き明かしていきます。

(注)『皆神塾』は隔月で開催しており、講演内容はDVDに収録して販売しております。
詳細については「瓊音ショップ」をご覧ください。

『瓊音倶楽部』:会員制(有料)で、毎月1回情報誌をお届けしています。
「皆神塾」や「ブログ」などでは、お伝えできないようなオフレコ情を含めて、「明確で強いメッセージ」を会員限定でお届けしています。

また、月次でレポートをお届けするだけではなく、様々な特典がございます。詳細については、以下の「瓊音倶楽部のご案内」(PDFファイル)をご覧ください。
》瓊音倶楽部のご案内(PDFファイル)

「皆神塾」「瓊音倶楽部」についてご興味のある方、ご不明な点がございましたら、下記問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
》お問い合わせ

この記事を書いた人

新井信介

新井信介

1957年長野県中野市生まれ。東京外国語大学(中国語専攻)から住友商事を経て独立。中国の改革開放に立ち会い、独立後は西欧世界にもネットワークを構築。地球史の視野で、国家・宗教・マネーの意味と構造を探り、個人の可能性(想像性・創造性)と、普遍的文化価値を探求している。そのために、『皆神塾』を主宰し、会員制の『瓊音(ヌナト)倶楽部』も立ち上げて、研鑽を深めています。