年末30日に本欄でこう書いた。「安倍ちん、一番言いたくないことを言いました。日韓の最終和解。次は日朝、そして、日中。」

 12月30日の「京の風」を再掲。

鶴亀が滑って、磐(いわ)割れ、猿が出る 「梅」咲き誇る未(ひつじ)の年の瀬。

 

 安倍ちん、一番言いたくなかったことを、28日に、言いました。

 悔しかっただろうね。 ビッグママのところで、泣いたかもね。

 日韓の最終的な和解。 ( この直前、26日、高知で、梅が咲いた、とニュースがありました。)

 次は、日朝、そして、日中。 

春節までに、実現でしょう。

「梅」が、大活躍。

東アジアの一体化。

係争地域を、国際的な共同管理に、することになります。

共通の新しい物語が必要です。

もう、中東イスラエルの戦略的な価値がなくなっています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 「梅」が動いている。

 テレビで、「なぜこの時期に?」って解説しているけど、真相は、福島の放射能が、トンでもないことになっているから、今年の「311」前に、平和環境を東アジアでも、つくらせること。

 つまり、 今回の水爆は、軍備増強を狙うこれまでの日本の戦争屋とは、全く違う次元で行われた。

 そして、日本と中国に巣食っているそれぞれの戦争屋は、退くしかなくなります。

 結果として、東アジアに、強力な平和管理プログラムが急遽、構成されるはずです。

 見守りましょう。

 春節(2月8日)までが、一つの目安。

 放射能対策を、緩めないでください。

ぬなとショップおすすめ商品

『瓊音倶楽部』『皆神塾』のご案内

何のために、私たちはこの世に存在するのか?
この問いは、6000年前に文明が始まった時から続いています。
瓊音倶楽部では、この問いに対して、人体(機能)と心(魂)からなる「人間」を見つめます。
人類は、文明を生み出しましたが、それによって生きている人間の喜びが、つぶされては意味がありません。
どんなに喜び、生きるのか?私たちは、皆さんと一緒になって考えていきます。(注)「瓊音」とは、全てのイノチのヒビキのことです。

『皆神塾』:文明アナリスト・新井信介を中心に、隔月で開催する勉強会です。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野の問題を解き明かしていきます。

(注)『皆神塾』は隔月で開催しており、講演内容はDVDに収録して販売しております。
詳細については「瓊音ショップ」をご覧ください。

『瓊音倶楽部』:会員制(有料)で、毎月1回情報誌をお届けしています。
「皆神塾」や「ブログ」などでは、お伝えできないようなオフレコ情を含めて、「明確で強いメッセージ」を会員限定でお届けしています。

また、月次でレポートをお届けするだけではなく、様々な特典がございます。詳細については、以下の「瓊音倶楽部のご案内」(PDFファイル)をご覧ください。
》瓊音倶楽部のご案内(PDFファイル)

「皆神塾」「瓊音倶楽部」についてご興味のある方、ご不明な点がございましたら、下記問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
》お問い合わせ