悠久なる「天地」と「人間の営み」。イノチの流れと文明。恋、血脈。中国の歌のスケール感を味わって。

 こんにちは。 
 
まず、中国での大ヒット曲を、二曲、お聞きください。 いずれも、1990年代に、台湾で生まれました。
 

 「愛江山 更愛美人」

https://www.youtube.com/watch?v=z1fqqByft64

そして、 
 
 「聴海」
 
今、東アジアが、急速に一体化に向かっています。

時代を見るときには、目先に表出した事象の裏には何が有るか、何がその事象を表出させたのか、まで、考えましょう。 このとき、3つのうねりがあります。

 ① 大潮流 

 ② 表面の波  周期的。 大潮流の中での調整波。

 ③そして、個々の私的利益のための、戦略的な「演出」、「ごまかし」、言い逃れの「アリバイ作り」。

 「華僑の本部シンガポールとアメリカが軍事協力する、これは対中包囲だ」と またまた騒ぐ人がいますが、これは、上記の②になります。 人民元の国際化が決まったので、「オレサマ主義」を降ろさせるもの。 

 そして、日中で、ともに問題なのか、格差問題と、環境問題です。

中でも、環境問題は深刻ですが、実は、一番、ひどいものは、日本のフクシマに限らず、放射能問題です。これは人類史的課題です。 国家間が、対立状態にある内は本格解決に向かいません。 それを知っての上で、この問題の解決に向かっていくのが、人類全体の大潮流です。宿命と言ってもいいでしょう。

 この過程で、国家主権のもつ「暴力性」が弱まり、さらに、マネーのもつ「略奪性」も薄まっていきます。(対ISISで、世界各国が建前上は、一致団結を始めているので、ようやく、こっちの流れが生まれます。)

 2012年からの人類全体の流れは、第3次大戦の回避=戦争屋の退治。FRBのドル基軸に代わるマネー体制の構築。 環境問題への国家を超えた取り組み。貧困撲滅です。 

 中国でのPM2.5 は、視覚的にすぐに解りますが、 この対策は工場を止めればいいだけです。日本では、すでに1970年代に経験した問題で、中国政府が、どう国家の資金を使うか、あるいは、民間の資金をどう使わせるか、という政治的な政策次元の問題であって、科学技術の面では、すでに解決できるものです。フクシマとは深刻さが違います。

クリーンエネルギー に加え、フリーエネルギーの実用化と早急な普及は、PM2.5を抑える脱化石燃料と一体です。 

 でも、これができても、フクシマは、まだ、放射能が露天状態のまま出続けているのです。飯山さんの放知技では、「露天臨界」という言葉が定着しています。極端な破壊を伴う地上爆発はなくなり、テレビで毎日、おめでたい話題ばかりを垂れ流しますので、放射能が目に見えないだけに、内部被曝のことはすぐに逸(はぐらか)され、忘れ去られますが、今も、今後も、深く進行し続けていくのです。

 日本のメディアで繰り返される,「権威」「知名人」の言葉や判断は、「問題の自覚」を遅らせます。その分、被曝被害が生命にあたえるダメージは深刻化してしまう。

 日本国でそうした事態が進展していても、海外では本音では、「日本国民が気の毒だが、あの政府が続いたほうが、自分たちにカネが回ってくるなら、それも許す」だったのが、これまでですが、このパリCOP21からは、少しは変わるでしょう。 「化石燃料をやめると言っても、代替策が原発では、フクシマの二の舞いになる。」

 中国人民元のSDRを使って、環境問題やインフラにカネを回せる仕組みができるなら、それを世界が使えばいい。

 こうして、考えるときに、いつも、思うのは、

 今、大潮流の中では、人口を削減する意志も、働いているのだな。 と。

しかし、その一方で、これまでの、国家、マネー、宗教(「神の概念」の強制普及)に振り回されないで、それらを超越して、自分の生活を組み立てられる人間の登場 を促している、と。

 国家、マネー、宗教は、 人間の思考が創りだした、「文明」での一形態(道具)です。

これらを使って、何を実現するか? 今は、 この視点と、自覚・決意が、個々人に求められているとおもいます。

 そこに、入れるかどうかが、 ロボット人間のままか、 神人(超人)になるかの境目だとおもいます。皆神塾は、もちろん、後者のための研鑽の場です。私自身にとっても。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

天地の間にあって、人間とはどんな存在なのか?   多くの戦乱、度重なる飢餓、天変地異。 こうした、過酷な運命を飲み込みながらも、私たちは、この6000年の人類文明を続けてきたのですが、

 その時、自分個人として、 どう、天地を見るか? そして、どう、イノチを伝えるか? 

自分のイノチを未来に伝えるという時には、伴侶が必要になります。子孫の誕生は、一つの宇宙の誕生でもあります。 それだけに、人類の行方に関わる天地を感じる視座 と、恋愛での私的な感傷は、ときに一つになるときがあります。

 中国では、2500年前の老子の時代から、人間が創りだした「社会」に対し、そこから出て、自分と、大宇宙・大自然を、ストレートにつなげる視点が、多くの芸術を産んできました。決して、自分を失わない。自分が大切にする心の世界(特に生殖に繋がる恋の世界)を、宇宙の星や、地球上の大河や大海に響かせて感じます。 国家やそこでの政権とは、人為でできたものであり、盤石に見えても、偽りが多く、時に脆いものであることを、大陸の歴史ドラマを実見しながら、遺伝子の中になかに染みこませ、心底知っているからです。

 なんか、理屈が長くなってしまった。

冒頭紹介した、2つの歌は、大陸中国のスケール観の上に、人間の営みの全てを飲み込んで、この地上で、自分の心を大切に、力強く生きる決意を歌っています。改革開放後、大陸と台湾の交流が活発化した時に生まれました。

 前者は、黄河の流れを愛し、さらに、東方にいる、わが愛する女性を、より強く愛する、と。

 後者は、別れるときに、(すべての生命の母だった)海はどんな色をしていたのか、手紙に書いてね、と約束したけど、それは何色だったの?  

 ps: 

 中国人は、個人の運命で隘路にあうと、大地や宇宙という、すぐに、極大方向に思考が向かうのですが、実は、それだと、国際政治のパワープレーに勝つ政治的な力を創りだすことはあっても、それでは、良い現実を創りだす、「ここちよさ」という、日常の芸術化ができません。微細に拘った作品や暮らしぶりtを、権力者や富豪になって求めることはできても、革命革命で壊されまくった挙句の、カネの追求が先に立ち、自分たちだけでは、なかなか実現できない。  

 今、それを、日本社会の中に感じています。  花鳥風月と、人間の心が響きあった世界。

 実は、「花鳥風月」と人間の営みが融合するのは、極大に向かうのではなく、極小の世界に通じる微細波動での感応です。 これは、心の持ち方に反応する、微生物の世界でもあります。でも、この心の持ち方と、イノチの関係で、数字を用いて、ウソを教えているのが、今の日本の権威たちです。生命現象の結果を測るばかりで、生命現象の力を増やすことに、感覚が届かない「利権主義者」だからです。

一方、飯山大魔神の発酵技術が、中国都市部のし尿問題と砂漠化を、同時解決する日も近い。あとは、エネルギー技術だけど、こっちも、ニホンの草莽で生まれている。今はまだ、戦争屋と一体の日本の利権主義者どもが邪魔しているけどね。 



ぬなとショップおすすめ商品

『瓊音倶楽部』『皆神塾』のご案内

何のために、私たちはこの世に存在するのか?
この問いは、6000年前に文明が始まった時から続いています。
瓊音倶楽部では、この問いに対して、人体(機能)と心(魂)からなる「人間」を見つめます。
人類は、文明を生み出しましたが、それによって生きている人間の喜びが、つぶされては意味がありません。
どんなに喜び、生きるのか?私たちは、皆さんと一緒になって考えていきます。(注)「瓊音」とは、全てのイノチのヒビキのことです。

『皆神塾』:文明アナリスト・新井信介を中心に、隔月で開催する勉強会です。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野の問題を解き明かしていきます。

(注)『皆神塾』は隔月で開催しており、講演内容はDVDに収録して販売しております。
詳細については「瓊音ショップ」をご覧ください。

『瓊音倶楽部』:会員制(有料)で、毎月1回情報誌をお届けしています。
「皆神塾」や「ブログ」などでは、お伝えできないようなオフレコ情を含めて、「明確で強いメッセージ」を会員限定でお届けしています。

また、月次でレポートをお届けするだけではなく、様々な特典がございます。詳細については、以下の「瓊音倶楽部のご案内」(PDFファイル)をご覧ください。
》瓊音倶楽部のご案内(PDFファイル)

「皆神塾」「瓊音倶楽部」についてご興味のある方、ご不明な点がございましたら、下記問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
》お問い合わせ

この記事を書いた人

株式会社K2O

株式会社K2O