この言葉は、まさに今のためにあった。「持ちつ、持たれつ」。安倍とトランプ

 昨年11月7日まで、ヒラリーにかけていた安倍。ヒラリーが選挙で破れた途端に大慌てしながらも、すぐにトランプ参りした、無節操の尻軽さ。これが、親分変更の意味を知悉する、凄い政治”感”、見事、ツボを得ていた。

あれから3ヶ月。再会し、今、お互いの立場が、「持ちつ持たれつ」と知る。グッドケミストリー と。

アメリカ国内で政権がまだ安定しないトランプにとって、戦争屋支配から寝返った安倍晋三は、最大の援軍。

戦争屋との決別のためなら、それもいい。 

トランプは大統領令を連発するが、スタッフは現実対応策を考え、いつ、大統領に伝えるか、ベストの時期を探る。

中国とも緊張を煽らない。作らない。作れない。 台湾にも、現状維持で済ます。

習近平は「一つの中国」尊重でメンツたてたし、経済交流は問題ない。

 平和の中でしか、実現できないものがある。 それは、本格的な変革。なかでも「ホ」対策。 

 マネーは、何のためにある? イノチを増やすいい手本をどんどん取り出せ。

原発放置の医療マフィアを、日米で、ぶっ飛ばすのなら、 大歓迎だ。

 安倍晋三よ、松岡利勝を思い出せ。

ぬなとショップおすすめ商品

『瓊音倶楽部』『皆神塾』のご案内

何のために、私たちはこの世に存在するのか?
この問いは、6000年前に文明が始まった時から続いています。
瓊音倶楽部では、この問いに対して、人体(機能)と心(魂)からなる「人間」を見つめます。
人類は、文明を生み出しましたが、それによって生きている人間の喜びが、つぶされては意味がありません。
どんなに喜び、生きるのか?私たちは、皆さんと一緒になって考えていきます。(注)「瓊音」とは、全てのイノチのヒビキのことです。

『皆神塾』:文明アナリスト・新井信介を中心に、隔月で開催する勉強会です。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野の問題を解き明かしていきます。

(注)『皆神塾』は隔月で開催しており、講演内容はDVDに収録して販売しております。
詳細については「瓊音ショップ」をご覧ください。

『瓊音倶楽部』:会員制(有料)で、毎月1回情報誌をお届けしています。
「皆神塾」や「ブログ」などでは、お伝えできないようなオフレコ情を含めて、「明確で強いメッセージ」を会員限定でお届けしています。

また、月次でレポートをお届けするだけではなく、様々な特典がございます。詳細については、以下の「瓊音倶楽部のご案内」(PDFファイル)をご覧ください。
》瓊音倶楽部のご案内(PDFファイル)

「皆神塾」「瓊音倶楽部」についてご興味のある方、ご不明な点がございましたら、下記問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
》お問い合わせ