問われる日本の信用~国家的危機 …村田光平さんからメール

以下、村田先生からのメールを転載します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

皆様

  

明けましておめでとうございます。

 

 

事故対応に途方にくれているとまでトップレヴェルの専門家に指摘されながら、

福島の実状を隠蔽して五輪を開催しようとしている、との批判に対して、

日本政府はどう釈明できるのでしょうか。

  

日本は世界の信用を完全に失墜しかねない重大な危機に直面しております。

政府が事実を隠蔽し秘密保護で公表を禁じ、企業は現場での作業を下請けに押し付け、  

被害を表に出さないようにし、核燃料デブリにも放射能汚染水にも対応できない、

 

それを国民一般は認識できていない ということは海外にも筒抜けです。

 

12月31日付ニューヨーク・タイムズ 紙までも小泉元総理が細川元総理とともに

「トモダチ作戦」兵士救済基金を起ち上げたことを大きく報じております。

http://nyti.ms/2hEFwgv

 

日本の官民全体が信用できないという、日本人全体への不信感を定着させる危険があります。

 

このままでは世界は東京開催を認めず日本は世界の信用を失墜することになりかねません。 

日本の名誉にかかわる問題であリ、海外での日本の経済活動にも当然深刻な影響が及ぶことになリます。 

 

これは重大な国家的危機と言えます。 

 

国民に早くこの危機を認識させる必要があります。

マスコミの責任は誠に重大です。

 

"Under control"で招致した東京五輪に巨費を投じることを日本国民は認める筈がありません。 

早急に事故対策に全力を挙げることでしかこの危機を乗り切ることは出来ません。

福島を抱えた日本による東京五輪の返上が急がれます。

 

皆様のご理解とご支援をお願い申し上げます。

 

村田光平

(元駐スイス大使)

ぬなとショップおすすめ商品

『瓊音倶楽部』『皆神塾』のご案内

何のために、私たちはこの世に存在するのか?
この問いは、6000年前に文明が始まった時から続いています。
瓊音倶楽部では、この問いに対して、人体(機能)と心(魂)からなる「人間」を見つめます。
人類は、文明を生み出しましたが、それによって生きている人間の喜びが、つぶされては意味がありません。
どんなに喜び、生きるのか?私たちは、皆さんと一緒になって考えていきます。(注)「瓊音」とは、全てのイノチのヒビキのことです。

『皆神塾』:文明アナリスト・新井信介を中心に、隔月で開催する勉強会です。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野の問題を解き明かしていきます。

(注)『皆神塾』は隔月で開催しており、講演内容はDVDに収録して販売しております。
詳細については「瓊音ショップ」をご覧ください。

『瓊音倶楽部』:会員制(有料)で、毎月1回情報誌をお届けしています。
「皆神塾」や「ブログ」などでは、お伝えできないようなオフレコ情を含めて、「明確で強いメッセージ」を会員限定でお届けしています。

また、月次でレポートをお届けするだけではなく、様々な特典がございます。詳細については、以下の「瓊音倶楽部のご案内」(PDFファイル)をご覧ください。
》瓊音倶楽部のご案内(PDFファイル)

「皆神塾」「瓊音倶楽部」についてご興味のある方、ご不明な点がございましたら、下記問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
》お問い合わせ

この記事を書いた人

株式会社K2O

株式会社K2O