デモもいいが、抗議電話を政治家、検察にジャンジャンかける。そして、放射線被曝から目をそらすな。

 こんにちは。

明日、皆神塾 です。

安保法案で、日本の国家権力の真の姿 が、はっきりしました。 のんきで無邪気な国民にも、ようやく知られるところになりました。すでに、2012年12月のときから、「不正選挙」で、この日に、備えてきたのです。

 最初は、憲法を変えようとしましたが、これが天皇など王族会議の反対で 「憲法無視」の法案となりました。

本来なら、日本国の司法が動かなければならないところですが、彼らには戦争屋とともに、別次元の意思が働きます。

今回の自衛隊の海外派兵は、軍事費の無くなった宗主国アメリカからの要請ですが、それだけではなく、もうひとつ大きな、人類史的な課題があります。

これから急速に世界が一体化する中、 日本人が、大量に海外に出て行く事態に、備えるためです。

日本人が海外に出ていかざるを得なくなる最大の理由は、もちろん放射能から逃れるためですが、この動きは、結果として、花鳥風月を生かす日本人の暮らしぶりを、地球上の各地で、新しい花にして咲かすことになります。

 残される日本では、 フクシマの放射能を、人類として解決することになります。

 このとき、これまで隠されてきた科学体系を、私達は探し出し、実用化していくことになります。 

 これは、全地球生命から人類に出された厳命です。 

 

17日の今日、 日本の国家安全保障局の責任者が、中国の当局者と対話しています。

 どこまでの次元の話 になっていることでしょう。

 たんなる、戦争屋に対する対処だけで、終わるのかどうか?

 今の日本列島にある日本国は、低次元のエゴに囚われた人間が立案する、既存の利権優先のメチャクチャ政策ばかりで、それに対し、その実態すら把握できないように、司法がグルになっているのです。 民間に、どんなに画期的な知見や科学技術があっても、グルの仲間にならないと、それらが生かされないままで終わるです。

 放射能除去でも、エネルギーでも、いいものはたくさんあります。

 中国との戦争ゴッコは、既得権拡大の最たるものです。彼れが、原発マフィアと一体で、 フクシマをほったらかしにしたままでも、これまでどおりの生活ができると、いまだに、国民を洗脳しているのです。

 これでは、どんどん身体が傷んで、病気や事故や犯罪が増え、子供も減って、人間がいなくなっていきます。

 これは、殺人 そのものですが、ホンマモンのオバカだから、そうした認識ができないのです。 

 日本国は制度維持のために、311以来、まっしぐらに、国民を殺ろす方向で、政策を進めているのです。

 この間、最優先にしたのは、アメリカのFRBの存続と、中央集権での制度体系とその役人、出入り業者の利益ですです。簡単に言うと、大企業と公務員、そして、政治ブローカーの年収アップでした。

 特定秘密保護法案 は、戦争屋と 日本の国家権力者たちの ワルサ を隠すためのものでした。

 今の野党の人間が、テレビに、自分が法案が反対しているところを映させようと、大いに張り切りますが、

 2012年12月の衆議院選挙から始まる不正選挙を、全く告発してこなかった腰抜けぞろい なのです。

 さらに、原発からの毒物の拡散にも、 全く反対してしてこなかった人間なのです。

 

 デモも、身体が元気なら、大いにやってください。ただ、放射能は、けっして消えません。出続けていますよ。 

 それよりも、 政治家本人や、検察、最高裁にも、おかしいじゃないかと、猛抗議をしてください。

 

 で、それ以上に大切なこと。 もちろん、自分の身を大切にしながら、

  これからどうするか? 

   何を基準に、今後の自分(家族)と、国家、地域社会、友人関係 を考えるのか?

  政治的に、この体制で行くのか?  この国家を続けるのか?

  いまある、資産、商売、仕事をどうするのか?

  子供を、どうまもるのか? 未来をどう考えるのか?   

  マネーを、どう捉えるのか?年金は?ローンは?  自分の汗の成果を、なんで掴むのか? 

 

 私の信念。  逆らわず、従わず、依存せず。     自律 と 自立。  

 国家に対する、依然心が少しでもあるうちは、国家側は全く変わりません。よって、どんどん被曝して、イノチを削ります。

 日本列島での上であっても、 今の国家なんかと 関係ないところで、 生存できる拠点を創ること。

 大体、10月~11月に、国家は機能不全になると予想します。

 詳しくは、明日。 

 

PS:  映画「タイタニック」 は、 船の乗客のみ生死に関わるドラマの話でした。

     映画「日本沈没」は、日本のみのこと。 

     「復活の日」 「デイープインパクト」 「2012」 は、全人類が対象でしたが、 

いずれも、 これまでの人類の政治の本質である「希少資源の権威的分配」や、  「UFOテクノロジー」次元の話には、至っていませんでした。今は、この次元の話なのです。

PS: 操作中、間違えて、昨日の書き込みを消してしまいました。 BABYMETAL はまた書きます。

ぬなとショップおすすめ商品

『瓊音倶楽部』『皆神塾』のご案内

何のために、私たちはこの世に存在するのか?
この問いは、6000年前に文明が始まった時から続いています。
瓊音倶楽部では、この問いに対して、人体(機能)と心(魂)からなる「人間」を見つめます。
人類は、文明を生み出しましたが、それによって生きている人間の喜びが、つぶされては意味がありません。
どんなに喜び、生きるのか?私たちは、皆さんと一緒になって考えていきます。(注)「瓊音」とは、全てのイノチのヒビキのことです。

『皆神塾』:文明アナリスト・新井信介を中心に、隔月で開催する勉強会です。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野の問題を解き明かしていきます。

(注)『皆神塾』は隔月で開催しており、講演内容はDVDに収録して販売しております。
詳細については「瓊音ショップ」をご覧ください。

『瓊音倶楽部』:会員制(有料)で、毎月1回情報誌をお届けしています。
「皆神塾」や「ブログ」などでは、お伝えできないようなオフレコ情を含めて、「明確で強いメッセージ」を会員限定でお届けしています。

また、月次でレポートをお届けするだけではなく、様々な特典がございます。詳細については、以下の「瓊音倶楽部のご案内」(PDFファイル)をご覧ください。
》瓊音倶楽部のご案内(PDFファイル)

「皆神塾」「瓊音倶楽部」についてご興味のある方、ご不明な点がございましたら、下記問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
》お問い合わせ

この記事を書いた人

株式会社K2O

株式会社K2O

デモもいいが、抗議電話を政治家、検察にジャンジャンかける。そして、放射線被曝から目をそらすな。 – 瓊音(ぬなと)チャンネル(旧「新井信介 京の風」)

八ツ場ダムの是非。これをきっかけに大地の霊と血に耳を立てよう。

 民主党は、マニフェストに八ツ場ダム建設中止を掲げながら、この選挙区には、
社民党の候補者を立てたのみでした。ここは、小淵元総理の地盤でした。
 国が政策を誤ると、いかに多くの犠牲が出るか。
戦争になる外交の失敗や、公害をもたらす急いだ産業政策。
不必要な公共事業も大きな負債を、国民に残します。
何が、「公益」なのか。
ここで、思い出す言葉。
アメリカインディアンの思え方。
自分から数えて、 前後7代 200年のスパンで、
何が正しいか、どう生きるか、を決める。
大地の霊 と 人間の血の中に流れる、
民主党政権から誕生からまだ日が浅い。
群馬5区の人たちは、八ツ場ダム断固建設で、衆議院を戦った直後ですので、
まだ、
それも、 その土地に暮らす人間が、金銭のためでなく、
大地とつながり、自らの血脈を喜ばすためにあります。
日本の場合、 陸続きで、国境があるわけではないので、
実感がありませんが、 国家は、個人の生活を

ぬなとショップおすすめ商品

『瓊音倶楽部』『皆神塾』のご案内

何のために、私たちはこの世に存在するのか?
この問いは、6000年前に文明が始まった時から続いています。
瓊音倶楽部では、この問いに対して、人体(機能)と心(魂)からなる「人間」を見つめます。
人類は、文明を生み出しましたが、それによって生きている人間の喜びが、つぶされては意味がありません。
どんなに喜び、生きるのか?私たちは、皆さんと一緒になって考えていきます。(注)「瓊音」とは、全てのイノチのヒビキのことです。

『皆神塾』:文明アナリスト・新井信介を中心に、隔月で開催する勉強会です。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野の問題を解き明かしていきます。

(注)『皆神塾』は隔月で開催しており、講演内容はDVDに収録して販売しております。
詳細については「瓊音ショップ」をご覧ください。

『瓊音倶楽部』:会員制(有料)で、毎月1回情報誌をお届けしています。
「皆神塾」や「ブログ」などでは、お伝えできないようなオフレコ情を含めて、「明確で強いメッセージ」を会員限定でお届けしています。

また、月次でレポートをお届けするだけではなく、様々な特典がございます。詳細については、以下の「瓊音倶楽部のご案内」(PDFファイル)をご覧ください。
》瓊音倶楽部のご案内(PDFファイル)

「皆神塾」「瓊音倶楽部」についてご興味のある方、ご不明な点がございましたら、下記問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
》お問い合わせ

この記事を書いた人

新井信介

新井信介

1957年長野県中野市生まれ。東京外国語大学(中国語専攻)から住友商事を経て独立。中国の改革開放に立ち会い、独立後は西欧世界にもネットワークを構築。地球史の視野で、国家・宗教・マネーの意味と構造を探り、個人の可能性(想像性・創造性)と、普遍的文化価値を探求している。そのために、『皆神塾』を主宰し、会員制の『瓊音(ヌナト)倶楽部』も立ち上げて、研鑽を深めています。