子供に連れられ、『デス・ノート2』を見てきた。突然死社会にピッタリだね。

 こんにちは。

今日は我が家の奥さんが、研修でいないので、私が家族サービス。

長野に映画を見に行きました。

長男が、「父ちゃんは、インフェルノでしょ」というのですが、

ガキンチョ二人が、頭の中に何が刷り込まれるのか、気になって、

『デス・ノート2』を見てきました。

で、私の感想。

大人も大いに見るべし。

まあ、後半は、完全に、仮面ライダーのノリですが、 ワーナーブラザースが、全世界配信するようです。

 

 日本発のホラーで、 「祟り」が、完全に、欧米社会に浸透しだしていますが、

この「デスノート」も、 死神との契約 として、 呪詛を現代版にしたものです。

はて、FRBの裏がわの悪魔どもに、この映画は少しは、効果があるでしょうか?

今年の「911」で、ヒラリーは、ぶっ倒れたわけですが、 

日本においては、

「フクシマ」で、うそを言い続けている人間は、 デスノートに,その名は、記載されていないのでしょうか?

私には、映画よりも、現実のほうが、よほどおぞましく感じます。

昨夜は、またまた、フクシマでは、とんでもない光が出ていますし。

 https://m.youtube.com/watch?v=J5A9dUYXqdo

ロシアが本気になって、日本と領土交渉するなら、この現実を見ない嘘つき政府とマジに交渉するでしょうか?

 まるで反省しない人間とは、ともに、未来を築いていくことはできない。

これが、宇宙のセオリーのはずですが。

 フィリピンのドゥテルテと、陛下は会えなかったわけですが、その裏には、あえて三笠さんの逝去の発表を、その時期に当てて、邪魔をした勢力がいる、との観測もあります。

『デスノート』をもたらした死神よりも、もっともっと質の悪い、悪魔どもが、この国を動かしています。

権力とマネーに惑わされ、そして、自分自身の心の中に、神(=創造神=宇宙の主宰者)を見つけられないものは、  迷ったまま、今生を終えていくのでしょう。

 今日は、最後に、このツイッターを紹介します。

 

サバイバルで最後まで生き残った人の名言で「楽観は死ぬ確率を高める」がある。「明日は仲間が助けに来てくれる」「この状況を楽しもう」「悲観していても仕方がない」という人は続々と息絶えた。 生き残る術は「助けは来ない」「状況を直視し危険を回避」「時が過ぎるのを待つのみ」だという。深い。

 

ぬなとショップおすすめ商品

『瓊音倶楽部』『皆神塾』のご案内

何のために、私たちはこの世に存在するのか?
この問いは、6000年前に文明が始まった時から続いています。
瓊音倶楽部では、この問いに対して、人体(機能)と心(魂)からなる「人間」を見つめます。
人類は、文明を生み出しましたが、それによって生きている人間の喜びが、つぶされては意味がありません。
どんなに喜び、生きるのか?私たちは、皆さんと一緒になって考えていきます。(注)「瓊音」とは、全てのイノチのヒビキのことです。

『皆神塾』:文明アナリスト・新井信介を中心に、隔月で開催する勉強会です。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野の問題を解き明かしていきます。

(注)『皆神塾』は隔月で開催しており、講演内容はDVDに収録して販売しております。
詳細については「瓊音ショップ」をご覧ください。

『瓊音倶楽部』:会員制(有料)で、毎月1回情報誌をお届けしています。
「皆神塾」や「ブログ」などでは、お伝えできないようなオフレコ情を含めて、「明確で強いメッセージ」を会員限定でお届けしています。

また、月次でレポートをお届けするだけではなく、様々な特典がございます。詳細については、以下の「瓊音倶楽部のご案内」(PDFファイル)をご覧ください。
》瓊音倶楽部のご案内(PDFファイル)

「皆神塾」「瓊音倶楽部」についてご興味のある方、ご不明な点がございましたら、下記問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
》お問い合わせ

この記事を書いた人

株式会社K2O

株式会社K2O