祝:飯山一郎の任侠道。大陸山東の「運呼」発酵、大成功!!!

  「京の風」の 今年3月3日の掲載分です。

  http://www.k2o.co.jp/blog4/2016/03/post-133.php

 この中に、こう書きました。

 

 飯山大魔神を見つけ出したのは、中国の任侠の魂、侠客の血でしょう。 真岡の血と響き合ったのですね。

 私は、これまで、人間を騙し、自然を壊して、マネーだけを追ってきた人間社会が、しこたま貯めたマネーをどんなときに使い出すのか、を考えてきましたが、

 それは 自分にとって、心やイノチが繋がっていると感じる、いわば「愛」の発露で流れる、と考えてきましたが、もっと、明確に、それが出てくるのが、まさに、「好漢」たちの「侠気」の疼きのときです。

 今、中国大陸には、個人的な物欲だけなら、もう十分に満たせきった人間が、数千万人は存在します。

 中国人は、ほかの人間に、自分が、どう認められているか、まさに、「面子」こそが、最大の関心事です。

マネーの急いだ追求で壊れた中華の大地を、生きた芸術作品に、創り変えるのは、誰か!!!

そのとき、排泄物が、飯山大魔神の技術で、 手品のように、大地蘇生の魔法の原料に変わる。

 日本人が、集団で一つのエリアに住めば、そこは環境もよくなり、衛生的な文教地域に変わることがわかっていますから、 地方政府は、私達の定住は大歓迎でしょう。

 花鳥風月 を 愛でたいのは、世界中、誰でも、同じなのです。

今、中国人の普通の民が、ここ3年間、実際に日本列島に来て、普通の日本人の「優しい心遣い」「キメ細かい気配り」に、感激し、それを、自分の故郷でも実現したいと、望みだしました。

 私は、「人類文明を変えていく同志」は、今、世界中にいる と思います。

これまでの、日本の国家の制度や権威に囚われず、舞台を地球に広げれば、希望はたくさんあります。 

大陸には、逃げに行くのではなく、 自分を活かしに行く、という視点の自覚で、いきましょう。

飯山さん、手抜きしてもいいから、長生きしなきゃダメだよ。 

みんな本質を知っているから、いつまでも「いい人」でいる必要はありませんよ。

若い子分(弟子)を抱えて、彼らをどんどん使いながら、後継者に育ててください。それでこそ、「日本の好漢」だ。

 ----------------------------- (抜粋終わり)--

 飯山一郎様

  とりあえず、大陸での、「生き残り」の手立てを確立していただきました。

 本当に、ありがとうございます。 日本人の一人として、 心より、感謝いたします。

 これで、中華圏全体に、貴殿の名前は轟きます。 アセアン、バングラ、インドにも伝わるでしょう。

 それで、 本物の「侠気」と、インチキの「侠気」が、これから、大集結してきます。

  仁義を必ず、守らせてください。 どんなにいい女が出てきても、狂わないでください。

 嘘を言っていたり、陰でコソコソと、「権利」などを口にするような輩は、そのうわさが出た段階で、

 全部、排除してください。

 すべては、 飯山一郎のOKが必要として、 絶対的なボスとして君臨してください。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 つぎに、 日本国内です。

 「統合医療」の実践。   ノンベクレル化 と 免疫力アップ。 

  日本列島に こびり付いている、殺人医療からの脱出 です。

   私の『未来創庵』 は、 その作戦本部にします。

  純粋な自然と、 嘘のない人間関係。 これが、基本です。 

ぬなとショップおすすめ商品

『瓊音倶楽部』『皆神塾』のご案内

何のために、私たちはこの世に存在するのか?
この問いは、6000年前に文明が始まった時から続いています。
瓊音倶楽部では、この問いに対して、人体(機能)と心(魂)からなる「人間」を見つめます。
人類は、文明を生み出しましたが、それによって生きている人間の喜びが、つぶされては意味がありません。
どんなに喜び、生きるのか?私たちは、皆さんと一緒になって考えていきます。(注)「瓊音」とは、全てのイノチのヒビキのことです。

『皆神塾』:文明アナリスト・新井信介を中心に、隔月で開催する勉強会です。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野の問題を解き明かしていきます。

(注)『皆神塾』は隔月で開催しており、講演内容はDVDに収録して販売しております。
詳細については「瓊音ショップ」をご覧ください。

『瓊音倶楽部』:会員制(有料)で、毎月1回情報誌をお届けしています。
「皆神塾」や「ブログ」などでは、お伝えできないようなオフレコ情を含めて、「明確で強いメッセージ」を会員限定でお届けしています。

また、月次でレポートをお届けするだけではなく、様々な特典がございます。詳細については、以下の「瓊音倶楽部のご案内」(PDFファイル)をご覧ください。
》瓊音倶楽部のご案内(PDFファイル)

「皆神塾」「瓊音倶楽部」についてご興味のある方、ご不明な点がございましたら、下記問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
》お問い合わせ

この記事を書いた人

株式会社K2O

株式会社K2O