「ホ」を隠す、「ホ」を認めないためなら、何でもするかも。日本人がどんなに死んでも。

地域通貨や互助組織を研究している 熊本の友人から、メールが来ました。

 結論を言うと、 かなりまずいことになるのじゃないかと。

予想されたこととはいえ、今、考えさせられています。

詳細は書きません。

 大規模災害があると、全国から注目をあつめるので、

 自律・自立するには、大いにチャンスなのですが、

 現実は、地域経済のリーダーたちは、そうした考えが弱く、

 却って、 中央への依存が強まってしまうと。

これは、恐ろしいことになりかねません。

 「ホ」を認めると、国家が壊れる。 国家が溶けていく。

 大規模災害があると、 国民の国家依存が増え、「ホ」がますます、無視される。

 

国際環境が、戦争屋の呪縛から抜け出たとしても、 大規模震災で、日本列島の民は、

国家依存が強いままだと、 「ホ」の対応が遅れ、ますます、消えていきます。

私は、今、「燔祭(はんさい)」という、言葉を思い浮かべています。

 神に対し、「飼いならした獣(家畜)」を、祭壇の上で、燃やす儀式です。

22日は、この言葉の意味を話しましょう。 パリサイ派がつくりだした理想国家が、日本国でした。 

ぬなとショップおすすめ商品

『瓊音倶楽部』『皆神塾』のご案内

何のために、私たちはこの世に存在するのか?
この問いは、6000年前に文明が始まった時から続いています。
瓊音倶楽部では、この問いに対して、人体(機能)と心(魂)からなる「人間」を見つめます。
人類は、文明を生み出しましたが、それによって生きている人間の喜びが、つぶされては意味がありません。
どんなに喜び、生きるのか?私たちは、皆さんと一緒になって考えていきます。(注)「瓊音」とは、全てのイノチのヒビキのことです。

『皆神塾』:文明アナリスト・新井信介を中心に、隔月で開催する勉強会です。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野の問題を解き明かしていきます。

(注)『皆神塾』は隔月で開催しており、講演内容はDVDに収録して販売しております。
詳細については「瓊音ショップ」をご覧ください。

『瓊音倶楽部』:会員制(有料)で、毎月1回情報誌をお届けしています。
「皆神塾」や「ブログ」などでは、お伝えできないようなオフレコ情を含めて、「明確で強いメッセージ」を会員限定でお届けしています。

また、月次でレポートをお届けするだけではなく、様々な特典がございます。詳細については、以下の「瓊音倶楽部のご案内」(PDFファイル)をご覧ください。
》瓊音倶楽部のご案内(PDFファイル)

「皆神塾」「瓊音倶楽部」についてご興味のある方、ご不明な点がございましたら、下記問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
》お問い合わせ

この記事を書いた人

株式会社K2O

株式会社K2O