玄奘三蔵は、「三日間絶食してスイアーブ(キルギスのイシククル湖畔)行き」を求めた。

  こんにちは。

 ヌルガズイ君から、信越自然郷に滞在した時の写真が送られてきました。

 12885859_1999526346938381_8008749704779914884_o.jpg を表示していますただ、うまく、このブログに挙げられないので、

 代わりに、玄奘三蔵のルートを挙げます。 これで、位置関係と距離感がつかめます。

 キルギスの場所は、下の図の亀慈(クチャ)から出ている矢印の「先」で、そこにある湖がイシククル湖です。その面積は、琵琶湖の9倍です。

 628年、玄奘はインドに経を求めに行きますが、この地図を見ても分かる通り、カシュガルからガンダーラに向かえば、インドは直ぐなのですが、なんで、わざわざ、天山山脈を超えてイシククル湖畔のスイアーブにむかったのか。

 この時、玄奘は高昌国王に引き止められると、「三日間絶食して、どうしても行く」と行って、天山を超えたのです。その先にあったのは西突厥です。玄奘が面会した統葉護可汗は、タルドウ(達頭)が大陸で残した孫でした。日本の伝承記録では、ウマヤドは622年に死んで、蘇我馬子の娘の刀自古郎女が、今の善光寺の場所に、冥福を祈る祈祷所(大本願)を造ったことになっています。

 629年、スイアーブに来た玄奘を西(タシケント、サマルカンド方面)に送り出した後、統葉護可汗はオジのパガテルに殺されます。そのパガテルは唐と関係を強化しますが、西突厥の国人から支持を得られず、統葉護可汗の息子、つまり、タルドウの曾孫を支持する人間に殺されます。その後、西突厥はその拠点を、亀慈(クチャ)の東の焉耆(エンギ)に移すことになります。

 このころ(630)、ムハンマドがメッカを奪回し、イスラムが急成長。その前の628年に、ビザンチンのヘラクレイオスがペルシャのホスロー2世から「磔刑の十字架」を取り戻しています。これがキリスト教の十字架信仰の始まり。

日本では、630年に第一回の遣唐使が始まり、舒明(田村皇子)は、隋書では「リカミタフリ」と書かれました。

玄奘がインドから戻って、644年に洛陽に入った時、唐の太宗李世民は、高句麗攻めの準備をしていました。日本では、蘇我蝦夷・入鹿の時代で、643年に鎌足がいきなり登場して神祇官になり、厩戸の実子、山背大兄は、入鹿に追い込まれ、自害。それを嘆いた皇極(宝皇女)が、勅命で信濃善光寺の伽藍を造らせた。

ぬなとショップおすすめ商品

『瓊音倶楽部』『皆神塾』のご案内

何のために、私たちはこの世に存在するのか?
この問いは、6000年前に文明が始まった時から続いています。
瓊音倶楽部では、この問いに対して、人体(機能)と心(魂)からなる「人間」を見つめます。
人類は、文明を生み出しましたが、それによって生きている人間の喜びが、つぶされては意味がありません。
どんなに喜び、生きるのか?私たちは、皆さんと一緒になって考えていきます。(注)「瓊音」とは、全てのイノチのヒビキのことです。

『皆神塾』:文明アナリスト・新井信介を中心に、隔月で開催する勉強会です。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野の問題を解き明かしていきます。

(注)『皆神塾』は隔月で開催しており、講演内容はDVDに収録して販売しております。
詳細については「瓊音ショップ」をご覧ください。

『瓊音倶楽部』:会員制(有料)で、毎月1回情報誌をお届けしています。
「皆神塾」や「ブログ」などでは、お伝えできないようなオフレコ情を含めて、「明確で強いメッセージ」を会員限定でお届けしています。

また、月次でレポートをお届けするだけではなく、様々な特典がございます。詳細については、以下の「瓊音倶楽部のご案内」(PDFファイル)をご覧ください。
》瓊音倶楽部のご案内(PDFファイル)

「皆神塾」「瓊音倶楽部」についてご興味のある方、ご不明な点がございましたら、下記問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
》お問い合わせ

この記事を書いた人

株式会社K2O

株式会社K2O