放射能禍でも諦めない。真の「日本」化で、「花鳥風月」と「能」の醍醐味を広げる。

 谷内正太郎が戻って、安倍が8月末に、訪中することが決まった。 

 自国民のために使えないマネー(米ドルでの外貨準備)を大量に持つ、日本。

 一方、ロシア、中国は、稼いだ米ドルを、自国のために、戦略的に使える。

  日中間には、日中平和友好条約が有るが、 ロシアとの間には、まだ、友好条約はない。 

 18日に、いろいろ話しますが、そのまえに。 まず、お詫び。

 10日から、このブログが使えませんでした。 

   心配して、飯山さんのところに、「新井さん、どうなったの?」と尋ねた方が数名いたとか?

   この顛末は、 「放知技」に書かせていただきました。

  ブログは少し手直しして、先ほど、復活したのですが、過去のアーカイブを別枠にしました。左下です。

 で、ほんの数分前のことですが、

 私のところに、久しぶりに、「公衆電話さん」から無言の電話が 二度、かかってきました。

 宇治にいた8年前からの 「公衆電話さん」。 今回は、 無言で、ワン切りでした。 

 何かを刺激してしまいましたのでしょうか?    

 人類の自己存在に係る意識の持ち方と、未来社会の実現のシステムに あたらしい形を示す、

 ビジョンと、行動モデルが必要ですね。

 日本は、今の現状を踏まえ、 未来を、どう創り出していくか?

  フクシマのデブリ対策は、スーパー技術しかなく、国際社会での一致協力でのみ可能ですが、

  日本国内では、 まず、 とにかく、これまでの、情報の完全公開が、不可欠です。

 その上で、 

 現状の放射能汚染をさけて、 大規模集団で健康に暮らせる(住居、食料生産)空間 を創りだす作業が始まります。

 そのとき、これまで同様、数字のマネーを追うものがプロジェクトの柱となっては、何もかも、元の木阿弥になります。

 マネーの悪魔性を克服出来ないままなら、日本は世界の希望になれず、主導権は永遠に持てないでしょう。

ぬなとショップおすすめ商品

『瓊音倶楽部』『皆神塾』のご案内

何のために、私たちはこの世に存在するのか?
この問いは、6000年前に文明が始まった時から続いています。
瓊音倶楽部では、この問いに対して、人体(機能)と心(魂)からなる「人間」を見つめます。
人類は、文明を生み出しましたが、それによって生きている人間の喜びが、つぶされては意味がありません。
どんなに喜び、生きるのか?私たちは、皆さんと一緒になって考えていきます。(注)「瓊音」とは、全てのイノチのヒビキのことです。

『皆神塾』:文明アナリスト・新井信介を中心に、隔月で開催する勉強会です。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野の問題を解き明かしていきます。

(注)『皆神塾』は隔月で開催しており、講演内容はDVDに収録して販売しております。
詳細については「瓊音ショップ」をご覧ください。

『瓊音倶楽部』:会員制(有料)で、毎月1回情報誌をお届けしています。
「皆神塾」や「ブログ」などでは、お伝えできないようなオフレコ情を含めて、「明確で強いメッセージ」を会員限定でお届けしています。

また、月次でレポートをお届けするだけではなく、様々な特典がございます。詳細については、以下の「瓊音倶楽部のご案内」(PDFファイル)をご覧ください。
》瓊音倶楽部のご案内(PDFファイル)

「皆神塾」「瓊音倶楽部」についてご興味のある方、ご不明な点がございましたら、下記問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
》お問い合わせ

この記事を書いた人

株式会社K2O

株式会社K2O