村田光平氏のケネデイー大使あて書簡。ガンジーの名言に言及。「地球は人類の生存のための必要(need)は満たせても 貪欲(greed)は満たせない」

 英文ですが、ご覧ください。

以下に、村田氏のメッセージと、反響を掲載します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

                               Tokyo, 18 October, 2016

Dear Ambassador Caroline Kennedy, 

The election on October 16 of the new Governor of Niigata who is opposed against the restart of nuclear reactors has shocked the Government and the “ nuclear village”. His predecessor who was also opposed to the restart had been obliged to retire for unconvincing reasons.

 

This comes after the recent decision concerning  decommissioning the high breed reactor Monju. This decision, if reached before the end of this year as required, allows us to foresee the end of nuclear rectors in Japan.

The surprising result of the gubernatorial election consolidates this outlook. Moreover, in view of the influence it will no doubt exert globally, it is no exaggeration to say that it will indeed give rise to the beginning of the end of nuclear reactors.

 

The restart is unthinkable hereafter. The project of a new Monju is doomed to failure. 

We are reminded once again that, concerning nuclear issues, the instinct of citizens excels the expertise of experts.

The increasingly required change of the world’s mainstream that allows the presence of 440 nuclear reactors seems to have started as evidenced by the dawning of a maternal civilization. We are impressed by increasing female world leaders.

 

The recent revelations of scandals one after another allow us to feel the will of heavens and the earth that does not allow immorality to last long, permitting us to sustain hope for a better future.

 

The restart issue, the Toyosu fish market scandal and the Tokyo Olympic Games share the same cause and stem from the same root, greed. They will accordingly face similar cleansing solutions.

 

I am convinced President Obama will be encouraged by the new development in Japan that is an important step toward his vision of denuclearization.

 

With warmest regards,

  

                    Mitsuhei Murata

           (Former Ambassador to Switzerland)

 
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
 
皆様
 
新潟県知事選に関する所感の趣旨を内容とするケネディ駐日米大使
メッセージ(上記)をお届けいたします。
 
世界の脱原発の動きを加速する今回の選挙結果はオバマ大統領の核廃絶の
ヴィジョンに向けての重要な一歩であることを指摘しました。
所感では原発の「全方位の破壊力」を指摘いたしましたが、電力会社のみに
められた残業規制の適用除外が過労死を招いたことがこのほど報じられました。
放置するべきではありません。
 
「再稼働、豊洲市場、東京五輪の諸問題は同根、同類」と指摘しましたが、
 
ケネディ大使宛ッセージでは、「同根」についてgreed(貪欲)と付記いたしました。
チャップリン,そしてガンジーが貪欲に対して厳しい警告を行っていることが想起されます。
ガンジーは
地球は人類の生存のための必要(need)は満たせても貪欲(greed)は満たせない」
との趣旨の名言を残しております。
 
所感に対する各方面からの反響例を下記の通りお届けいたします。
新しい時代の夜明けを感じます。
 
村田光平(元駐スイス大使)
 
 
 
 
 --------------         
 
反響例

 

(その1)

新潟知事選ははっきり審判がくだりました。

ご指摘のように、多くの問題は同根であり、今後の正しい方向での収束

が期待されます。

 

(その2)

新潟よかったです。

原発の時代は世界的に終わりです。

ASTRID(新しいもんじゅ)も失敗に終わるでしょう。

 

(その3)

出鱈目オリンピック:

東京五輪

ボート会場 都、IOCに安い金額を虚偽報告

 

(その4)

このたびの小池都知事とバッハIOC会長の会談で ”アンダーコントロール宣言”

について何も言及が無かったようでとても残念です。

一番根源的で大事なことを抜きにしてその上に何を積み上げていくというのでしょうか?

 

(その5)

いつまでも福島隠しが出来るはずがありません。

”アンダーコントロール宣言”が命取りになると信じます。

ぬなとショップおすすめ商品

『瓊音倶楽部』『皆神塾』のご案内

何のために、私たちはこの世に存在するのか?
この問いは、6000年前に文明が始まった時から続いています。
瓊音倶楽部では、この問いに対して、人体(機能)と心(魂)からなる「人間」を見つめます。
人類は、文明を生み出しましたが、それによって生きている人間の喜びが、つぶされては意味がありません。
どんなに喜び、生きるのか?私たちは、皆さんと一緒になって考えていきます。(注)「瓊音」とは、全てのイノチのヒビキのことです。

『皆神塾』:文明アナリスト・新井信介を中心に、隔月で開催する勉強会です。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野の問題を解き明かしていきます。

(注)『皆神塾』は隔月で開催しており、講演内容はDVDに収録して販売しております。
詳細については「瓊音ショップ」をご覧ください。

『瓊音倶楽部』:会員制(有料)で、毎月1回情報誌をお届けしています。
「皆神塾」や「ブログ」などでは、お伝えできないようなオフレコ情を含めて、「明確で強いメッセージ」を会員限定でお届けしています。

また、月次でレポートをお届けするだけではなく、様々な特典がございます。詳細については、以下の「瓊音倶楽部のご案内」(PDFファイル)をご覧ください。
》瓊音倶楽部のご案内(PDFファイル)

「皆神塾」「瓊音倶楽部」についてご興味のある方、ご不明な点がございましたら、下記問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
》お問い合わせ

この記事を書いた人

株式会社K2O

株式会社K2O