「滅び方も知らなアホウ国家日本」・・・「京の風」閲覧者の英邁で明哲なご意見

 こんにちは。

本ブログ「京の風」の読者には、真理真相を見抜く、レベルの高い方が多い。ときどき、メールをくれる方がいます。もちろん、その方の本名を私は知っていますが、その方からのメールを、ご本人同意の上で、公開します。 

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 「 新井先生

 
どうやら、日本国というモノの「オシマイ」が見えてきました。
 
でも、今の日本の権力層で「投了のやり方」をわかっている人が居るのか?疑問です。
 
金井の神さんは、無関心。飯山先生のいう高野山奥の院の方の奥の院は、沈黙。
 
ただ皇太子浩宮さんは、それなりに準備をしているですが。 
 
前の戦争をやめる時も、昭和さんの意思なければ、終われなかった・・・。
 
こんどは、そういう天の声が無いのですから・・・。
 
ただそれが心配です。
 
かろうじて、皇太子・鳩山元首相の首班の、新政権で、日本帝国を「クロウズ」するって絵もあるでしょうけ・・
 
ともわれ、生き延びるのが第一ですけど・・・
 
「滅び方も知らなアホウ国家日本」ってなりそうですよね・・・      」
 
ーーーーーーーーーーーーーーーー(転載終わり)ーーーーー
 
で、このあと、内のK2oの社長と話したのですが、
安倍晋三は、年末、韓国の慰安婦の件を、自分で火をつけて世界中が辟易して、鼻を白むほど炎上させながら、自分で幕引きしたのだから、なんでもするかもしれない。
日本国の首相として 「こころからのお詫び」と言ってしまったのだから、日本の右翼は、この3年間、何のために、安倍を応援してきたのか、分からない、と気が狂いそうなくらい、悶えた人間が続出だったでしょう。でも、安倍チンは、そんな人間の心を簡単に無視できる、まったく痛みを感じない、特殊能力をお持ちでござんす。
本人の本音やポリシーではなく、周囲の環境の中で、最後は、自分の権力維持や、対外的な妥協のために、それまでの自分を忘れきって、しらっと何でもいえるのでしょう。
 
 そうなると、北朝鮮や、中国との関係どころか、 原発政策や、放射能汚染や被曝の深刻度についても、 
 「自分は、初めて真実を知らされた。だから、いま、首相として、決断する。・・・」とか言い出して、一気に、これまでと違う態度を取る可能性が無いわけでは無い。
 文字通り、「君子豹変す」 なのだが、言い訳、責任逃れ、厚顔無恥での「豹変」が、起こりえる可能性を、 慰安婦問題では見せてしまったのです。
まあ、小泉純一郎もオンカロを見てから変わり、「原発は、首相がやめると決断すれば、やめられる」といっていたのですが、その姿を、都知事選挙があった2年前の時点で、安倍晋三は、「小泉さんも老けたねえ」とバカにしていました。しかし、今は、自分がどんどん追い込まれてくると、葛西のオッサンなんか無視して、進んでそうするかもしれない。
 
 そうなると、日本全国に蔓延った「原発シンジケートの解体・消滅宣言」になるわけで、日本は、シッチャカメッチャカだけど、間違いなく、変わる。それも、根底が、崩れていく。
 
 それが、「311」のあと、4月末から5月初めくらいなら、伊勢サミットで安倍は、十分に「ええ格好しい」ができるようになる。
で、そのときは、安倍は、田布施マフィアとしては、最後の王様になるが、さて、それをするのかどうか? 
  
私のブログの愛読者さんは、次にくれたメールで、こうも書いてきた。 (次のブログへ) 

ぬなとショップおすすめ商品

『瓊音倶楽部』『皆神塾』のご案内

何のために、私たちはこの世に存在するのか?
この問いは、6000年前に文明が始まった時から続いています。
瓊音倶楽部では、この問いに対して、人体(機能)と心(魂)からなる「人間」を見つめます。
人類は、文明を生み出しましたが、それによって生きている人間の喜びが、つぶされては意味がありません。
どんなに喜び、生きるのか?私たちは、皆さんと一緒になって考えていきます。(注)「瓊音」とは、全てのイノチのヒビキのことです。

『皆神塾』:文明アナリスト・新井信介を中心に、隔月で開催する勉強会です。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野の問題を解き明かしていきます。

(注)『皆神塾』は隔月で開催しており、講演内容はDVDに収録して販売しております。
詳細については「瓊音ショップ」をご覧ください。

『瓊音倶楽部』:会員制(有料)で、毎月1回情報誌をお届けしています。
「皆神塾」や「ブログ」などでは、お伝えできないようなオフレコ情を含めて、「明確で強いメッセージ」を会員限定でお届けしています。

また、月次でレポートをお届けするだけではなく、様々な特典がございます。詳細については、以下の「瓊音倶楽部のご案内」(PDFファイル)をご覧ください。
》瓊音倶楽部のご案内(PDFファイル)

「皆神塾」「瓊音倶楽部」についてご興味のある方、ご不明な点がございましたら、下記問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
》お問い合わせ

この記事を書いた人

株式会社K2O

株式会社K2O