【お知らせ】明日開催の講演会『神と「神」の歴史(第2回)』のレジメが出来ました!!

 明日開催予定の講演会『神と「神」の歴史(第2回)』のレジメが出来上がりました!!

明日、第2回目のサブ・タイトルは、<陛下の高麗神社行幸は、「日本人」を形成した共同主観「虚構の神」を壊していく>

出来上がったレジメを以下、添付させていただきます。

来週末に選挙を控えていることもあり、終了後の「懇親会」では、国内外の時事問題についても、議論したいと思いますので、ぜひ、ご参加ください。

<レジメ>:

<陛下の高麗神社行幸は、「日本人」を形成した共同主観「虚構の神」を壊していく> 

1) キリスト教(十字架に神はいない)につづいて、日本神道の溶解が始まった。

なぜ、920日に、今上陛下は高麗神社に参拝したか?

  「ゆかり発言」の百済に続いて、高句麗との関連性の指摘だけか?

  「晋」は何を意味する? 列島を覆うガラスの覆い(司馬炎・李晋・晋太郎・晋三)。 

2)今、「応神が暴れている」。

人間ホムダワケ(羽曳野)誉田丸山陵 と 八幡神(宇佐神宮)

宇宙の摂理:「生死一如」「生々流転」「永劫回帰」 と 人為での「権威」  

3)ヤマト と 伊勢。

  魏志の「邪馬台」国は地名か? 卑弥呼の「ヤマト」は概念用語。

  日本最古の書の古事記では、人間初代(神武)のワカミケヌに、「ヤマトのイワレ」。

  創作された神代編と事実史。 この中にある、ヤマト(大きな家での救済)の流れ

  「倭」と「日本」 

4)人類世界最大の虚構は「キリスト」。イエス・インマヌエルとの違いは?

 伊勢は、イスラエル(神に勝つもの)。

人間イエスの伝承は、カニシカ晩年に列島に入ったが、鏡で潰された。  

5)「ウマヤド」(=イエスの再来)とされた実在の人間をどうするか?

  政治概念「キリスト伝承」はいつ入ったか? 景教「三位一体」を伝えたのは?

  「イエスの再来」という生身の人間は、いつ入り、何をもたらしたか?

  高句麗と天武。朱鳥。 

  古事記と日本書紀の違い。

ウマヤドの列島内での聖人化 と 嫌われた堅塩媛。 

6)天意(摂理・響き)と、人間界(言語理性での枠組み)の乖離を、どうするか?

  明治に補強された、今に続く「統治概念」に依拠し、騙す者。列島内と、海外。

中国には、孟子「易姓革命」での調整  農暦(太陰暦)

日本の近代 太陽暦と、「万世一系」の合体の功罪。 

ガラス天井と、真の国富(特別会計)。会計年度4月始まり、
ゼロクリア阻む呪縛。
 

7)「特別会計を崩さない(護る)」政争は、誰のために、誰が仕組んだ?

 <開催要領>

 
        開催日:  10月15日 (日): <東京で開催>   

          場所:         東京都港区三田2-14-8 2F会議室   TEL090-5804-5078 (室伏)

        時間:    14時か~17時  (終了後、懇親会開催予定)

     地図→ 160626_地図_田町.pdf

        参加費:  3500円  (瓊音倶楽部会員の方は2500円)    

        最寄り駅:

        JR山手線・京浜東北線 田町駅 西口徒歩5分/ 都営浅草線 三田駅 A3出口徒歩4分

         都営三田線 三田駅 A8出口徒歩4

       (注1)会場までの道順については、次のリンクをご参照ください。→160626_地図_田町.pdf

       (2)会場の前には道路に面して駐車場の大きなマーク「P」があります。

       そのすぐ後ろの階段を2階へ上がってください。 

(注)上記の講演会にご参加を希望される方は、会場の都合もございますので、出来れば、事前に以下の連絡先まで、ご連絡ください。 

また、「懇親会」は「事前予約制」となります。講演会とともにお申し込みをお願いいたします。次の「FAX申込書」をプリントしていただきFAXでお申し込み頂いても結構です。

 

『神と「神」の歴史』 → 171015_神と神の歴史_参加申込書_FAX用紙.pdf

 

連絡先     株式会社K2          室伏昭昌

                     事務所:    03-3548-1025          携帯: 090-5804-5078     FAX03-3548-1026

                     E-mail    akimasa-murofushi@jcom.home.ne.jp

 

ぬなとショップおすすめ商品

『瓊音倶楽部』『皆神塾』のご案内

何のために、私たちはこの世に存在するのか?
この問いは、6000年前に文明が始まった時から続いています。
瓊音倶楽部では、この問いに対して、人体(機能)と心(魂)からなる「人間」を見つめます。
人類は、文明を生み出しましたが、それによって生きている人間の喜びが、つぶされては意味がありません。
どんなに喜び、生きるのか?私たちは、皆さんと一緒になって考えていきます。(注)「瓊音」とは、全てのイノチのヒビキのことです。

『皆神塾』:文明アナリスト・新井信介を中心に、隔月で開催する勉強会です。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野の問題を解き明かしていきます。

(注)『皆神塾』は隔月で開催しており、講演内容はDVDに収録して販売しております。
詳細については「瓊音ショップ」をご覧ください。

『瓊音倶楽部』:会員制(有料)で、毎月1回情報誌をお届けしています。
「皆神塾」や「ブログ」などでは、お伝えできないようなオフレコ情を含めて、「明確で強いメッセージ」を会員限定でお届けしています。

また、月次でレポートをお届けするだけではなく、様々な特典がございます。詳細については、以下の「瓊音倶楽部のご案内」(PDFファイル)をご覧ください。
》瓊音倶楽部のご案内(PDFファイル)

「皆神塾」「瓊音倶楽部」についてご興味のある方、ご不明な点がございましたら、下記問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
》お問い合わせ

この記事を書いた人

株式会社K2O

株式会社K2O