「どでかいハシゴが外される」。この意味、わかりますか。12日(土)は東京です。

 こんにちは。

大阪の皆神塾から、夜行バスで、長野にもどりました。

今年、2015年は、今上陛下の年頭所感から始まって、大変な一年でした。まだ、終わっていません。

年初は、 エコノミストの表紙、 1月7日のパリでのテロ。11日のパリでの抗議デモ、14日に、歌会始。

17日に、安倍が、中東歴訪中、ISISが日本人の二人の若者を拘束。このとき、日本政府は、ヨルダンに救援本部を設けたが、ISISに隣接するトルコを、あえて避けていた。

 私は昨日、この一年を振り返り、さらに安倍内閣になってから、強烈に変わっていった国家の事を話しました。

 「どでかいハシゴ」。 これがなんであるか、わかりますか?

 今週末の12日には、東京の平川町で、ゲスト・スピーチします。

 私の担当時間は、13時30分からの1時間です。

  http://takayamanagafusa.com/seminar/

 皆神塾では、時事解説をすすめるに際し、人類史の発展を踏まえたコスモロジーや歴史観、日本文化論なども話すのですが、この週末の次の講演では、どこに、ポイントしぼるべきか、思案中です。

 そして、2015年の年末の今、国際情勢を語る時、踏まえるべき、とても重要な事実があります。 それは、昨日も指摘しましたが、人類世界では、2008年と、2015年では、圧倒的に異なった情勢に置かれている、ということです。

 どうも、2012年に、強引に安倍内閣を作りあげた人たちは、 あくまでも、2008年の軍事情勢をもとに、この3年間、日本を変革させてきたのではないでしょうか?2013年のスノーデン亡命の意味も、きちんと、把握していないではないか、ということです。もちろん、映画「シリウス」が出てきた人類史的な意味などまるで、理解はできないでしょう。 そして、この3年間、NASAが、ほとんど、機能停止であるという事実もです。

 独りよがりの歴史観での「名誉」だけに拘って、自国の放射能禍の深刻さをあえて無視して、世界中にカネをばらまいてきて、得意げだったオバカな政権。

 今、一つ、気になることがあります。

 この9月30日に始まった、プーチンによるシリアのISIS空爆のあと、日本では10月初めという、異例の時期に、ある人事異動がありました。

 それが何のことなのか? ここでは書きません。 本ブログをご覧のみなさんは、危機意識も知的探究心もかなり高いはずですから、それが誰なのか?ぜひとも、ご自身で探ってください。

 また、皆神塾の中には、御製で歌われた、「鎌をあてがう」の「鎌」とは、プーチンのことだ、と分析する慧眼の持ち主がいました。  

 11月7日に、シンガポールで中国と台湾が対等同格で一体化した後、11月13日にパリでのテロ。

さらに、11月30日のIMF総会での中国人民元のSDRの前に、パリでCOP21が開催されましたが、そのときには、世界は、プーチンを総指揮官に、対ISISで団結を始めていました。

 私は、13日のパリのテロの直後、こう書きました。

 「今回のテロは、911とは、背景が違う。逆向きのテロだ」と。

 土曜日は、この辺を、解説することにしましょう。



ぬなとショップおすすめ商品

『瓊音倶楽部』『皆神塾』のご案内

何のために、私たちはこの世に存在するのか?
この問いは、6000年前に文明が始まった時から続いています。
瓊音倶楽部では、この問いに対して、人体(機能)と心(魂)からなる「人間」を見つめます。
人類は、文明を生み出しましたが、それによって生きている人間の喜びが、つぶされては意味がありません。
どんなに喜び、生きるのか?私たちは、皆さんと一緒になって考えていきます。(注)「瓊音」とは、全てのイノチのヒビキのことです。

『皆神塾』:文明アナリスト・新井信介を中心に、隔月で開催する勉強会です。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野の問題を解き明かしていきます。

(注)『皆神塾』は隔月で開催しており、講演内容はDVDに収録して販売しております。
詳細については「瓊音ショップ」をご覧ください。

『瓊音倶楽部』:会員制(有料)で、毎月1回情報誌をお届けしています。
「皆神塾」や「ブログ」などでは、お伝えできないようなオフレコ情を含めて、「明確で強いメッセージ」を会員限定でお届けしています。

また、月次でレポートをお届けするだけではなく、様々な特典がございます。詳細については、以下の「瓊音倶楽部のご案内」(PDFファイル)をご覧ください。
》瓊音倶楽部のご案内(PDFファイル)

「皆神塾」「瓊音倶楽部」についてご興味のある方、ご不明な点がございましたら、下記問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
》お問い合わせ

この記事を書いた人

株式会社K2O

株式会社K2O