〈青い夜明け〉の進行をリアルに実感して楽しもう。これまでの枠組みだけで世界を見ているとうんざりするしつまらないよ。

こんにちは。

昨日の動画を補足します。
今回の安倍辞任の裏には、どんな背景があるか、
いろんな方面から探りながら、今、地球人類に進展している、
<青い夜明け>を、みなさん、それぞれで感じて下さい。

まず、「青い夜明けを楽しもう」というブログは以下です。
https://ameblo.jp/atlantis77/

次に、うじテレビ です。
京都の宇治を舞台に、「ちはやぶる宇治」の価値の再発見です。
ここには、生死を越えた永遠の人間の価値、永遠のイノチの意味に関する考察があります。
5世紀初頭のホムダワケ(応神天皇)の末子、莵道雅朗子の兄とされるオオサザギ(仁徳)との確執の中で、自殺に至った悲劇が、その後の列島の王権を作りあげるときに、常に覇者から意識されていたことです。
今回は、宇治の人物紹介からです。
https://www.youtube.com/watch?v=S-_1uOil2XI&feature=youtu.be

そして、この番組も見ておきましょう。
現体制の実際のありようを、その限界も含めきちんと知ろうという姿勢で
CCJのみなさんが、大政ガスを取材しています。
これを実用化させないチカラは、今後、どうなるのでしょう。
https://www.bing.com/videos/search?q=%ef%bd%83%ef%bd%83%ef%bd%8a&&view=detail&mid=FE75930C67A88D6C1DD4FE75930C67A88D6C1DD4&rvsmid=941BB60007627E1C3B69941BB60007627E1C3B69&FORM=VDMCNR
ここに出ている菅原さんは注目です。以前はバクロスTVを支えました。
今、日本の地湧の力を、お母さんたちの気づきに見出そうとしている方です。

あと別件です。
これまでの日本の統治体の「枠」と「闇」について、
単なる疑問から、その崩壊を感じさせる知らせがありました。
了承を得ましたので公開します。

<転載開始>
 新井先生
数日前にアドレノクロムが私の住んでいる藤沢市にある「湘南ヘルスイノベーションパーク (湘南アイパーク)」という新薬開発拠点で作られているというblog記事が出ました。https://gamp.ameblo.jp/daihatu-com/entry-12621179604.html

藤沢には聖園女学院や、片瀬にある湘南白百合学園など、ミッション系の教育機関とともに、修道院や孤児院があり、聖園女学院内にある孤児院のそばには何故か十字架が幾つも立てられており、墓地となっています。

聖園女学院の設立には昭和天皇が深く関わっています。

藤沢にはプチエンジェル事件との関わりが噂されている某皇族がしばしばお忍びで訪れており、ペド遊びに加えて、例の薬の供給を受けていたのかもしれませんね。

父親の実家が藤沢にあった小室圭氏に秋篠宮の長女・眞子との縁談が持ち上がったのも、この地との因縁によるものかもしれません。

藤沢はご存知のとおり、満州にゆかり深き(昭和9年に訪満、ラストエンペラー溥儀とも会談。秩父宮の「雍仁」は清朝の雍正帝の名に因むとの新井先生の見立てもありますね)秩父宮の終焉の地でもあります。秩父宮のお印は「若松」

藤沢には慶応湘南藤沢キャンパス(SFC)があり、多くの芸能人を輩出していますが、ここは皇室関係の御落胤やその子弟が芸能界に出るために箔をつけるためによく使われます。

秩父宮妃は旧会津藩主家出身の松平節子ですが、松平氏の祖といわれる得川(世良田)有親は藤沢の遊行寺12世の尊観法親王(亀山天皇の孫で後醍醐天皇の従兄弟)の手引きで出家して三河に落ちています。

更にこの藤沢の地は奈良時代は長屋王の弟の鈴鹿王の食封でした。古より高句麗・満州の地との因縁深き土地なのです。http://jlogos.com/ausp/word.html?id=7304277
そして1993年(平成5年)には廃業していた江ノ島の旅館を池口恵観が買い取り、最福寺別院を建てています。

藤沢の市の木は「クロマツ」です。  M

<転載終わり>

そして、こんな未確認情報も。

・・・・・・・・・・・・・・・・・
新井様

巷では空虚な代表選びをしていますが!
首相の辞任の仕方が不自然だと感じておりました処に、
以下のような噂を入聞しました。
「8月27日に訪日した米国のレイモンド宇宙軍作戦部長から、
米国の宇宙軍に資金提供してくれと言われたが、ろす茶への確認後
でないと返事できないと言った為辞任させられた。
安倍総理を失脚させる発端となったのは昨年10月の消費税増税。
日本にある消費税還付制度が大企業を助けており、
増税により、日本から米国への輸出がさらに増える事を懸念し、
トランプ政権が止める様進言していたのに増税を決行した。
米国よりろす茶の言うことを聞くので排除すべく動いていた」
此方が本当だとすると、
8月17日慶大病院での検査をカモフラージュに、
横田基地で尋問され最後通牒を受けたというのは、無かったという
事ですね。
検証は出来ておりません、ご容赦ください。

・・・・・・・・・・・
どうなのでしょうね。

私は、DSの闇部隊の中核が消された、という説です。

【ご案内】『皆神塾(東京)』(12月14日)のDVDをキャンペーン価格で好評販売中です!!

DVDキャンペーン

12月14日に「東京」で開催した新井信介講演会『皆神塾(東京)』のDVDをキャンペーン価格で好評販売中です!!

<テーマ>:『行き過ぎた「予定調和」がもたらした悲劇を消せ!!』

<総論>:

◎Qたちの最終仕上げ。 NHK東京直下地震を特集。 処理のスタートは2012年冬至
◎悪魔の本拠は、「独善をいう概念」。キリスト教と、国家神道。フランシスコの引導
◎金融ワンワールドは、資本主義を卒業する。合成覇権通貨への準備
◎マネーの本質を洗い直し、「国家」と「市場」と、「心を動かすエネルギー」と
◎安倍晋三とその背景を徹底的に列島民と世界に知らしめる。 年明け「処分スタート」
◎準備を始めたユニバーサルチャイナ。 秦河勝とリニアの行方。 白山の泰澄 川勝知事と王毅外相

最大の犠牲者は、「自分の幸福を、マネーで、社会階層の中に見つけようとしたこと」
金融ワンワールドは、列島民がマネーを単なる道具と自覚するまで、「演出」をつづける
マネーでの金融破綻は起こさない。「持てる者」の意識をとことん変えさせる
どうなるソフトバンク?
要注意日は?2月11日。その前に、衆議院選挙はあるか? 地震は?

販売価格は、通常価格6000円のところを、2020年1月末までにご購入の方は、キャンペーン価格の「4000円」(瓊音倶楽部会の方は、「2000円」)でご提供します。
尚、恐縮ですが、別途送料380円を頂戴します。 (注)10月からは消費増税となりましたが、DVDの価格はそのままで、従来と同じ「4000円」で販売させて頂きます。ただ、送料については「380円」に変更させて頂きました。

全編で、2時間41分(161分)です。

《ご注文やお問い合わせは、担当の室伏までご連絡ください。
連絡先→TEL: 03-3548-1025 FAX:03-3548-1026 携帯: 090-5804-5078 E-mail:akimasa-murofushi@jcom.home.ne.jp
弊社HPの「瓊音ショップ」でもご購入いただけます。
次のリンク先の「瓊音ショップ」でもご購入いただけます。→ 「皆神塾(東京)」DVD(12月14日開催)
「瓊音ショップ」ではクレジット・カードもご利用いただけます。》

『瓊音倶楽部』『皆神塾』のご案内

何のために、私たちはこの世に存在するのか?
この問いは、6000年前に文明が始まった時から続いています。
瓊音倶楽部では、この問いに対して、人体(機能)と心(魂)からなる「人間」を見つめます。
人類は、文明を生み出しましたが、それによって生きている人間の喜びが、つぶされては意味がありません。
どんなに喜び、生きるのか?私たちは、皆さんと一緒になって考えていきます。(注)「瓊音」とは、全てのイノチのヒビキのことです。

『皆神塾』:文明アナリスト・新井信介を中心に、隔月で開催する勉強会です。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野の問題を解き明かしていきます。

(注)『皆神塾』は隔月で開催しており、講演内容はDVDに収録して販売しております。
詳細については「瓊音ショップ」をご覧ください。

『瓊音倶楽部』:会員制(有料)で、毎月1回情報誌をお届けしています。
「皆神塾」や「ブログ」などでは、お伝えできないようなオフレコ情を含めて、「明確で強いメッセージ」を会員限定でお届けしています。

また、月次でレポートをお届けするだけではなく、様々な特典がございます。詳細については、以下の「瓊音倶楽部のご案内」(PDFファイル)をご覧ください。
》瓊音倶楽部のご案内(PDFファイル)

「皆神塾」「瓊音倶楽部」についてご興味のある方、ご不明な点がございましたら、下記問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
》お問い合わせ

この記事を書いた人

新井信介

新井信介

1957年長野県中野市生まれ。東京外国語大学(中国語専攻)から住友商事を経て独立。中国の改革開放に立ち会い、独立後は西欧世界にもネットワークを構築。地球史の視野で、国家・宗教・マネーの意味と構造を探り、個人の可能性(想像性・創造性)と、普遍的文化価値を探求している。そのために、『皆神塾』を主宰し、会員制の『瓊音(ヌナト)倶楽部』も立ち上げて、研鑽を深めています。