>自民よりれいわの方がはるかにマトモなコロナ対策を打ち出してるわw

ネットの意見;

>自民よりれいわの方がはるかにマトモなコロナ対策を打ち出してるわw

【れいわ新撰組の新型コロナウイルス感染症対策に対する政府への要望】

(1) 検査体制の充実
・検査対象の範囲を見直し拡大する
・国立感染研究所や地方衛生研究所で行っている検査を大規模に実施できるよう予算配分する
・民間にも委託して市町村レベルでも検査体制を確立する

(2 )安心して仕事を休める社会の構築
・雇用者が欠勤により不利な扱いを受けないように企業に通知する
・国からの大規模イベント中止の要請、およびキャンセル費用の負担

(3) 仕事を休む者、被雇用者が欠勤する企業への財政的支援
・非正規雇用者の欠勤に対する傷病給付金の支給や、休業補償の措置
・自営業者への生活支援
・中小零細企業の事業者に対する、被雇用者の休業による経済的損失への補助金の交付

(4)日本人乗客の自衛隊施設への一定期間の隔離・停留
・クルーズ船の乗客の全員をすみやかに下船させる
・下船時に感染が確認されなくても、自衛隊施設や五輪選手村などの施設に一定期間、経過観察のために滞在してもらう
・期間中については政府から「お見舞金」を支給する

(5) すみやかな消費税の減税など経済対策
・医療体制の構築や上記の要望の実現などの対策に特化した予算案の編成を求める
・コロナウイルスによる経済的損失に対し、消費税率を8%に戻す緊急立法を超党派合意で成立させる
・さらに長引く景気後退に備えるために、できるだけ早く消費税を5%に戻すことを求める

(6) 予防的措置として中国滞在歴のある外国人の入国一時禁止の是非の検討
・「湖北省または浙江省に滞在していたすべての外国人」の日本への入国禁止について、速やかに「中国本土全体」への対象の拡大について政府に検討を要請する

(7) 常時介護を必要とする在宅の重度障がい者が感染した場合の対応 https://reiwa-shinsengumi.com/reiwanews/4146

ぬなとショップおすすめ商品

『瓊音倶楽部』『皆神塾』のご案内

何のために、私たちはこの世に存在するのか?
この問いは、6000年前に文明が始まった時から続いています。
瓊音倶楽部では、この問いに対して、人体(機能)と心(魂)からなる「人間」を見つめます。
人類は、文明を生み出しましたが、それによって生きている人間の喜びが、つぶされては意味がありません。
どんなに喜び、生きるのか?私たちは、皆さんと一緒になって考えていきます。(注)「瓊音」とは、全てのイノチのヒビキのことです。

『皆神塾』:文明アナリスト・新井信介を中心に、隔月で開催する勉強会です。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野の問題を解き明かしていきます。

(注)『皆神塾』は隔月で開催しており、講演内容はDVDに収録して販売しております。
詳細については「瓊音ショップ」をご覧ください。

『瓊音倶楽部』:会員制(有料)で、毎月1回情報誌をお届けしています。
「皆神塾」や「ブログ」などでは、お伝えできないようなオフレコ情を含めて、「明確で強いメッセージ」を会員限定でお届けしています。

また、月次でレポートをお届けするだけではなく、様々な特典がございます。詳細については、以下の「瓊音倶楽部のご案内」(PDFファイル)をご覧ください。
》瓊音倶楽部のご案内(PDFファイル)

「皆神塾」「瓊音倶楽部」についてご興味のある方、ご不明な点がございましたら、下記問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
》お問い合わせ

この記事を書いた人

新井信介

新井信介

1957年長野県中野市生まれ。東京外国語大学(中国語専攻)から住友商事を経て独立。中国の改革開放に立ち会い、独立後は西欧世界にもネットワークを構築。地球史の視野で、国家・宗教・マネーの意味と構造を探り、個人の可能性(想像性・創造性)と、普遍的文化価値を探求している。そのために、『皆神塾』を主宰し、会員制の『瓊音(ヌナト)倶楽部』も立ち上げて、研鑽を深めています。