私に届いたメッセージ:心ある人たちで まともな世界を創ってゆきましょう! 「今はただ 前だけ向きて 歩み止むるな 新た世創る 若芽育てよ」*(注)追記加筆

天上の「太一」と、地球の「根底(地母神、ガイア)」。

この二つに響き合う、霊波の律動を受けながら、
未来に向けて、「今」を創っていく。

日本列島の山野に、命の水を配る総帥となる、水分の地が白山。
その地では、地球に広がる各地の白山神界の山々と意思を揃える。

掲題の歌の通り、一点の曇りなく、前だけを見て進みましょう。

「新た世創る 若芽育てよ」

還暦を過ぎた人間の位置は、ここですね。

あと、
ぬなとチャンネル(動画)3月12日に以下の書き込みがありました。
参考までに紹介いたします。
-----------------
あさちゃん
5 日前

先生こんにちは、貴重なお話有難うございます。ご存知かと思いますが、
多摩境内科クリニックのドクターがコロナウイルスに効く薬が有る
と言ってます。ユーチューブ題名は、B38-CAP です。
広めて欲しいそうです。良かったら観て下さい。
この薬は微生物酵素だそうです。
又、開発した秋田大学のユーチューブ名は、
Live News あきた[AKT公式]
題名 秋田発・世紀の大発見・・・です。
下手な文章でごめんなさい。日本人に必ず大桜🌸が咲きます様に。
一部を表示

 ------------
※以上の匿名投稿に関し、後追いの追記です。
 閲覧者から以下の注意を戴きました。

①地名について
 多摩境は、武蔵境をあえて言っているようです。

②このクリニックの医師が、フリーメーソンサインをしている。
 差出人: 匿名読者
 題名: 武蔵境クリニックの動画
メッセージ本文:

突然匿名にて失礼します
私も申し訳ありませんが、〇〇〇の××があって匿名なので
他人のことを非難できませんが
動画への書き込みを安易に信じて拡散するのは危険です

前回の自称武漢に乗り込んだ医者の情報チェーンメールと同じです

この武蔵境クリニックの医者の動画をご覧ください
冒頭にフリーメーソンの合図をしています
電話みたいなサインです
当初意味が分からなかったのですが、
私の知人のフリーメーソン幹部がいつもこれをしていました
彼らは99%の真実に巧妙に嘘を混ぜて
自分達の都合のいいように操作します
フリーメーソンの広報作家ダン・ブラウンも同じ手法です
あれは映画でなく原作を読まないと埋め込まれたサインに気づきません
最新作「オリジン」を読んでみてください

チャーチルの有名な言葉
History will be kind to me, for I Intended to write
を引いています

これは 「歴史は私が作る、戦争に勝つぞ」
という宣言でしょ
 
この武蔵境クリニックのセンセイ
何でわざわざこんなサインをするのでしょう?
これは彼らが仲間にアピールするサインです

この手の得体の知れない新薬は
 殆んどインチキどころか裏に悪意があります

安易な匿名情報に乗せられないでください

・・・・
という、アドバイスでした。私はまだまだ未熟でした。
一応、善意の情報を紹介したつもりだったのですが…。
確かに私自身は、イタリアから帰国した友人には、
黒酢をお湯で割って、上質ハチミツとレモンを入れて飲め。
玉ねぎスライスに、黒酢をかけて、サラダにする。
いいミネラルの入った白湯か、無農薬のお茶を多く飲め。
と言っていたのですから。

ぬなとショップおすすめ商品

『瓊音倶楽部』『皆神塾』のご案内

何のために、私たちはこの世に存在するのか?
この問いは、6000年前に文明が始まった時から続いています。
瓊音倶楽部では、この問いに対して、人体(機能)と心(魂)からなる「人間」を見つめます。
人類は、文明を生み出しましたが、それによって生きている人間の喜びが、つぶされては意味がありません。
どんなに喜び、生きるのか?私たちは、皆さんと一緒になって考えていきます。(注)「瓊音」とは、全てのイノチのヒビキのことです。

『皆神塾』:文明アナリスト・新井信介を中心に、隔月で開催する勉強会です。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野の問題を解き明かしていきます。

(注)『皆神塾』は隔月で開催しており、講演内容はDVDに収録して販売しております。
詳細については「瓊音ショップ」をご覧ください。

『瓊音倶楽部』:会員制(有料)で、毎月1回情報誌をお届けしています。
「皆神塾」や「ブログ」などでは、お伝えできないようなオフレコ情を含めて、「明確で強いメッセージ」を会員限定でお届けしています。

また、月次でレポートをお届けするだけではなく、様々な特典がございます。詳細については、以下の「瓊音倶楽部のご案内」(PDFファイル)をご覧ください。
》瓊音倶楽部のご案内(PDFファイル)

「皆神塾」「瓊音倶楽部」についてご興味のある方、ご不明な点がございましたら、下記問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
》お問い合わせ

この記事を書いた人

新井信介

新井信介

1957年長野県中野市生まれ。東京外国語大学(中国語専攻)から住友商事を経て独立。中国の改革開放に立ち会い、独立後は西欧世界にもネットワークを構築。地球史の視野で、国家・宗教・マネーの意味と構造を探り、個人の可能性(想像性・創造性)と、普遍的文化価値を探求している。そのために、『皆神塾』を主宰し、会員制の『瓊音(ヌナト)倶楽部』も立ち上げて、研鑽を深めています。