小泉純一郎氏18日講演で「騙されていた。過ちを改むるに憚ることなかれ。」と冒頭で述べ、経産省が 原発を依然20~30%としている事を批判。

村田先生からです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
皆さま

本9月18日の小泉元総理のご講演(原自連主催)は改めて
その発信力を印象付けるものでした。
特に今なお原発推進を志す向きは、その具体的政策のすべてを
改めて「とんでもない」と決めつけられたことに衝撃を受ける
ものと思われます。

特に、放射性廃棄物の最終処分場がフィンランドの例を除き
皆無の現状の下での原発推進の無責任・不道徳が強烈に印象付
けられるご講演でした。

早速、知人(活動する心ある市民社会の一員)から傾聴に値する
コメントが寄せられましたので下記お届けいたします。

村田光平 (元駐スイス大使)

         記

(知人から寄せられたコメント)
村田さま みなさま
「日本の歩むべき道」をテーマに小泉さんらしい講演でした。
98回視聴となっているので少し寂しい気もしますが、大切なの
は原発ゼロを分かりやすく日本各地で訴え続けていただく事だと
思いました。

「騙されていた。過ちを改むるに憚ることなかれ。」と冒頭で述べ、
経産省が原発を依然20~30%としている事を批判。
「日本はかつて負けると分かっている戦争に突入した。

今なおケイサン省は大きなケイサン違いをしている。
最終処分場が世界においても皆無な中で、1日5千万円ものコストを
税金から支払い続けている。
自然エネルギーによる代替はやれば出来ることなのに、何故やらない!

戦後、二度と戦争をしない、長生き出きる国にする、
この2つの目標を掲げ達成した。
100歳以上は8万人、80歳以上は1000万人。
江戸中期の学者佐藤一斉の言葉が気に入っている。
「少くして学べば、則ち壮にして為すことあり
 壮にして学べば、則ち老いて衰えず
 老いて学べば、則ち死して朽ちず」

向上心や学ぶ心を忘れずに変化する世界に対応してゆきたい。」

小泉さんは村田さんが幹事をされておられる原自連(原発ゼロ
・自然エネルギー推進連盟)の顧問との事、応援しています。

ぬなとショップおすすめ商品

『瓊音倶楽部』『皆神塾』のご案内

何のために、私たちはこの世に存在するのか?
この問いは、6000年前に文明が始まった時から続いています。
瓊音倶楽部では、この問いに対して、人体(機能)と心(魂)からなる「人間」を見つめます。
人類は、文明を生み出しましたが、それによって生きている人間の喜びが、つぶされては意味がありません。
どんなに喜び、生きるのか?私たちは、皆さんと一緒になって考えていきます。(注)「瓊音」とは、全てのイノチのヒビキのことです。

『皆神塾』:文明アナリスト・新井信介を中心に、隔月で開催する勉強会です。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野の問題を解き明かしていきます。

(注)『皆神塾』は隔月で開催しており、講演内容はDVDに収録して販売しております。
詳細については「瓊音ショップ」をご覧ください。

『瓊音倶楽部』:会員制(有料)で、毎月1回情報誌をお届けしています。
「皆神塾」や「ブログ」などでは、お伝えできないようなオフレコ情を含めて、「明確で強いメッセージ」を会員限定でお届けしています。

また、月次でレポートをお届けするだけではなく、様々な特典がございます。詳細については、以下の「瓊音倶楽部のご案内」(PDFファイル)をご覧ください。
》瓊音倶楽部のご案内(PDFファイル)

「皆神塾」「瓊音倶楽部」についてご興味のある方、ご不明な点がございましたら、下記問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
》お問い合わせ

この記事を書いた人

新井信介

新井信介

1957年長野県中野市生まれ。東京外国語大学(中国語専攻)から住友商事を経て独立。中国の改革開放に立ち会い、独立後は西欧世界にもネットワークを構築。地球史の視野で、国家・宗教・マネーの意味と構造を探り、個人の可能性(想像性・創造性)と、普遍的文化価値を探求している。そのために、『皆神塾』を主宰し、会員制の『瓊音(ヌナト)倶楽部』も立ち上げて、研鑽を深めています。