反知性主義だから傍若無人にできることがあるとポンペイオや金融ワンワールドは知っている?。三爺は菅の本性を遠慮せずに徹底的にあばく。

もう、この爺さんたちは、菅政権に容赦しないな。

日本語言論界も、「仁義なき戦い」だ。

菅は、自分は、ポンペイオと繋がっている、と自負し、ますます、暴走するでしょう。

北朝鮮と日本の間に生まれた闇ルートとその悪性のガンを、全て晴らして消し去ってくれるのなら、それだけでも、菅は、総理になった意味がある。・・・私は、こう考えます。

これまで、ヤラセの緊張の中で利権を作り、その維持のみを最優先にする輩が多すぎました。

主体思想という戦前の大日本帝国の「夢の残滓」に侵された北の庶民が悲惨すぎます。

私は、反知性の人間には、多くを期待しません。しかし、反知性だからこそ、権力を握った時に、現実に、事を起こす力があることも、歴史から学んでいます。もちろん、その場合、反知性の人間を使嗾する人間がいるのは、当然ですが。

菅政権で、柿崎、西岡がどう使われるのか、じっくり見てみたい。佐高信氏が言うように、高橋洋一が菅のブレーンなら、日本国に、柔らかで豊潤な文化を持つ社会なんて生まれません。

富とは、数字で表記することも可能ですが、その出発は人間同士の心が信頼しあって、同じ夢(未来像)の中で、繋がり合うことで生み出された結果であることを 竹中平蔵同様 知らない人たちです

ポンペイオも、その裏にいる金融ワンワールドも、菅の性格・人品を熟知したうえで、徹底的に使うでしょう。その先に何があるか?ですね。

ぬなとショップおすすめ商品

『瓊音倶楽部』『皆神塾』のご案内

何のために、私たちはこの世に存在するのか?
この問いは、6000年前に文明が始まった時から続いています。
瓊音倶楽部では、この問いに対して、人体(機能)と心(魂)からなる「人間」を見つめます。
人類は、文明を生み出しましたが、それによって生きている人間の喜びが、つぶされては意味がありません。
どんなに喜び、生きるのか?私たちは、皆さんと一緒になって考えていきます。(注)「瓊音」とは、全てのイノチのヒビキのことです。

『皆神塾』:文明アナリスト・新井信介を中心に、隔月で開催する勉強会です。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野の問題を解き明かしていきます。

(注)『皆神塾』は隔月で開催しており、講演内容はDVDに収録して販売しております。
詳細については「瓊音ショップ」をご覧ください。

『瓊音倶楽部』:会員制(有料)で、毎月1回情報誌をお届けしています。
「皆神塾」や「ブログ」などでは、お伝えできないようなオフレコ情を含めて、「明確で強いメッセージ」を会員限定でお届けしています。

また、月次でレポートをお届けするだけではなく、様々な特典がございます。詳細については、以下の「瓊音倶楽部のご案内」(PDFファイル)をご覧ください。
》瓊音倶楽部のご案内(PDFファイル)

「皆神塾」「瓊音倶楽部」についてご興味のある方、ご不明な点がございましたら、下記問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
》お問い合わせ

この記事を書いた人

新井信介

新井信介

1957年長野県中野市生まれ。東京外国語大学(中国語専攻)から住友商事を経て独立。中国の改革開放に立ち会い、独立後は西欧世界にもネットワークを構築。地球史の視野で、国家・宗教・マネーの意味と構造を探り、個人の可能性(想像性・創造性)と、普遍的文化価値を探求している。そのために、『皆神塾』を主宰し、会員制の『瓊音(ヌナト)倶楽部』も立ち上げて、研鑽を深めています。