コロナ禍、児玉龍彦氏が国会で総力での対策を訴える;「東京型」でエピセンター発生する? 「来月は目覆うことに」。村田光平先生は、医療崩壊の現実化を危惧。

1)昨日、児玉龍彦氏は国会で訴えました。
 「東京がエピセンター化している」 
 「武漢型、イタリア・アメリカ型についで、
  東京・埼玉型のウィルスが発生している。」
https://news.yahoo.co.jp/articles/02015261a135d643d36d2dc7905a5d7a4c283c18

https://www.youtube.com/watch?v=v6l06tdaPVA

14日に、児玉氏は金子勝氏と対談していました。

https://www.youtube.com/watch?v=Zx7ocDrhz0Q

今は、人類史的に見れば、コロナ禍の裏で、セレブたちが愛飲する
悪魔の薬アデノロクロムについて、それを求める人間、作る人間、
飲用する人間など、それを平気で扱う精神性そのものまで退治・処分
が進められています。

思いやり=「仁」を失ったものへの天からの断罪です。

これは、文明転換への矯正です。

2)ここにきて、村田先生から、メールです。

<懸念されだした医療崩壊の危機>  6:03

皆様

「Go To キャンペーン」に対する批判は強まる一方ですが、
17日の「羽鳥慎一モーニングショー」で片山善博早大教授は、
明確に反対の立場を表明されました。

「コロナ終息後」の条件を事後的に無視し、開始時期を前倒しするのは
論外であると断ずるのが日本の市民社会の良識です。

また、児玉龍彦東大名誉教授は下記の重大な警告と提言をされました。
「新宿区は歌舞伎町を含め新型コロナヴィールスの「エピセンター化」
(ヴィールスを発生させる震源)となりつつある可能性がある。
このまま放置すれば、ニューヨークやミラノの二の舞となる。
ヴィールスも変容してアエロゾールによる空気伝染を可能とし、
通勤車中感染が現出する恐れがある。歌舞伎町を含め新宿区の全員に
PCR検査を実施することが急がれる。」

下記BCC発信の通り数日で全員検査は可能となるはずです。
最早PCR検査の抑制はいかなる理由からも正当化されない筈です。
懸念されだした医療崩壊の危機への対処に早急に本格的に取り組むこと
が求められております。

村田光平
(元駐スイス大使)

(7月17日発出BCC発信)

皆様

東京五輪中止決定の緊急な必要性を訴えるバッハIOC委員長あて
メッセージをお届けいたします。

最早多言は無用ですので、24日に大阪で行われる中止を求める集会
のチラシを添付しました。集会は同日、京都及び東京でも行われる旨伝えました。

児玉龍彦東大名誉教授は先日テレビで、
「数日で必要とする全員の検査が可能にすることができる」、
また、山中先生も、一日当たり10万人~20万人の検査は可能と言って
おられました。日本の国力からすれば本気になればできるのではないでしょうか。

これを阻止する背景につき、今朝の「羽鳥モーニングショウ」では
パネリストほぼ全員が「わかっているが電波では言えない」と述べておりました!

村田光平
(元駐スイス大使)

ぬなとショップおすすめ商品

『瓊音倶楽部』『皆神塾』のご案内

何のために、私たちはこの世に存在するのか?
この問いは、6000年前に文明が始まった時から続いています。
瓊音倶楽部では、この問いに対して、人体(機能)と心(魂)からなる「人間」を見つめます。
人類は、文明を生み出しましたが、それによって生きている人間の喜びが、つぶされては意味がありません。
どんなに喜び、生きるのか?私たちは、皆さんと一緒になって考えていきます。(注)「瓊音」とは、全てのイノチのヒビキのことです。

『皆神塾』:文明アナリスト・新井信介を中心に、隔月で開催する勉強会です。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野の問題を解き明かしていきます。

(注)『皆神塾』は隔月で開催しており、講演内容はDVDに収録して販売しております。
詳細については「瓊音ショップ」をご覧ください。

『瓊音倶楽部』:会員制(有料)で、毎月1回情報誌をお届けしています。
「皆神塾」や「ブログ」などでは、お伝えできないようなオフレコ情を含めて、「明確で強いメッセージ」を会員限定でお届けしています。

また、月次でレポートをお届けするだけではなく、様々な特典がございます。詳細については、以下の「瓊音倶楽部のご案内」(PDFファイル)をご覧ください。
》瓊音倶楽部のご案内(PDFファイル)

「皆神塾」「瓊音倶楽部」についてご興味のある方、ご不明な点がございましたら、下記問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
》お問い合わせ

この記事を書いた人

新井信介

新井信介

1957年長野県中野市生まれ。東京外国語大学(中国語専攻)から住友商事を経て独立。中国の改革開放に立ち会い、独立後は西欧世界にもネットワークを構築。地球史の視野で、国家・宗教・マネーの意味と構造を探り、個人の可能性(想像性・創造性)と、普遍的文化価値を探求している。そのために、『皆神塾』を主宰し、会員制の『瓊音(ヌナト)倶楽部』も立ち上げて、研鑽を深めています。