児玉龍彦さん最新解説。村田光平先生曰く「『世直しコロナ』は原発停止と五輪中止をみちびく」。歌の聖女MISIA(米希亜)は中国語圏でも魂に飛翔の火をつけた。

こんにちは

1)まず、児玉龍彦さんの最新解説です。
https://www.youtube.com/watch?v=8crwEQN_DbA 
児玉龍彦さん(東大先端研T)と金子勝さん(立教大教授)
による最新の新型コロナ情報です。
なんと、日本人を含め東アジア沿岸部は、SARS以降に今回のウイルス
に根幹の似たウイルスに暴露し免疫を持っている人が多いのかもしれ
ないという仮説が出てきました。
そして、ウイルスの特徴から感染後に重症化する人を見分けてケアし、
軽症者の重症化を防ぐ手立ても見えてきました。そのような状況の中で、
どうしたら感染を制御して社会生活・経済生活を再開できるのか、
それを考えます。収録は、2020年5月16日

2)村田光平先生のメッセージ

 皆さま
地震の頻発で複合災害が懸念される状況下で今なお6基の原発
が再稼働中であることに驚きます。緊急停止が求められます。

市民社会としては「世直しコロナ」に期待するほかはありません。
放射能に関して国際原子力機関(IAEA)の監督を受ける世界保健
機関(WHO)が福島放射能を無視する国際オリンピック委員会
(IOC)に同調して いまだに東京五輪が開催可能とみていること
が嘆かれます。

世界の主流が 福島事故後も440余基の原発の存在を容認している
ことを含め、その背後の「独裁」を照準に収めたとみられる「世直し
コロナ」が市民社会の期待に応えてくれるものと期待されます。

東京五輪の中止決定は緊急課題ですが、日本経団連中西宏明会長および
橋本聖子五輪・女性活躍担当大臣宛に それぞれその必要性を訴える
メッセージを発出しましたので別添お届けいたします。

村田光平(元駐スイス大使)

3)大事件です。中国語圏の人間が2月7日、人類の宝、MISIAを発見、
その結果、今、大爆発!  まず、見てください。
https://www.youtube.com/watch?v=vZ2f_C-JQvM

・チャイナレコードの記事
https://www.recordchina.co.jp/b780200-s0-c70-d0052.html
関係者が渋谷を訪ねた。

この時のメンバーが皆、仲間になっている。
https://www.youtube.com/watch?v=IO4PzFNr9Yg

参考: 新井信介 令和2年1月のメッセージ

おまけ:
またまた文春砲炸裂の様です。
https://matomedane.jp/coron/page/53801

あと、ジョウスターは、ここ。
最新 https://www.youtube.com/watch?v=b6AhTQIr2eA
https://www.youtube.com/watch?v=zHmqRnI02A0

https://www.youtube.com/results?search_query=%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%82%A6%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC

ぬなとショップおすすめ商品

『瓊音倶楽部』『皆神塾』のご案内

何のために、私たちはこの世に存在するのか?
この問いは、6000年前に文明が始まった時から続いています。
瓊音倶楽部では、この問いに対して、人体(機能)と心(魂)からなる「人間」を見つめます。
人類は、文明を生み出しましたが、それによって生きている人間の喜びが、つぶされては意味がありません。
どんなに喜び、生きるのか?私たちは、皆さんと一緒になって考えていきます。(注)「瓊音」とは、全てのイノチのヒビキのことです。

『皆神塾』:文明アナリスト・新井信介を中心に、隔月で開催する勉強会です。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野の問題を解き明かしていきます。

(注)『皆神塾』は隔月で開催しており、講演内容はDVDに収録して販売しております。
詳細については「瓊音ショップ」をご覧ください。

『瓊音倶楽部』:会員制(有料)で、毎月1回情報誌をお届けしています。
「皆神塾」や「ブログ」などでは、お伝えできないようなオフレコ情を含めて、「明確で強いメッセージ」を会員限定でお届けしています。

また、月次でレポートをお届けするだけではなく、様々な特典がございます。詳細については、以下の「瓊音倶楽部のご案内」(PDFファイル)をご覧ください。
》瓊音倶楽部のご案内(PDFファイル)

「皆神塾」「瓊音倶楽部」についてご興味のある方、ご不明な点がございましたら、下記問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
》お問い合わせ

この記事を書いた人

新井信介

新井信介

1957年長野県中野市生まれ。東京外国語大学(中国語専攻)から住友商事を経て独立。中国の改革開放に立ち会い、独立後は西欧世界にもネットワークを構築。地球史の視野で、国家・宗教・マネーの意味と構造を探り、個人の可能性(想像性・創造性)と、普遍的文化価値を探求している。そのために、『皆神塾』を主宰し、会員制の『瓊音(ヌナト)倶楽部』も立ち上げて、研鑽を深めています。