今、人類世界は文明の大転換中。国家、マネー、「神(概念)」そして、エネルギー体系。旧い信念体系を消してどんな現実の「実態」を創り出すか?

トランプがなぜ3日に、先制攻撃をしたのか?
その意味、その背景をずっと考えていました。他のことが手につきません。
そもそも、なぜ、イランの精鋭部隊の司令官がバグダッドにいたのか?
ここが最大のポイントでしょう。
イランの防衛のためではない。

そして、ゴーンが年末、なぜ、日本からプライベートジェットで脱出し、レバノンに入国したのか?
ゴーンはどんな情報をもって帰ったのか?

元CIA長官だったポンペオ国務長官は世界はより安全になった、という。。
イランは、イスラエルも報復攻撃の対象になるといい、
イラクは、今後、外国勢力をいれない、という。

そして週明けの現在、原油価格が上昇中。短期的にはそうなるね。

で、トランプの腹の中には、一体、何があるのか?
日本にとっては、フランシスコのメッセージとも関連するはずです。

1815年からの「金融ワンワールド」の流れを踏まえ長期的に見るのと、
今、世界にとって、何が課題なのか、をリアルで、短期的に見る。

とりあえず、この事実を知っておきましょう。
①合成覇権通貨が、だんだん実現のプロセスに入っていること。
②トランプ自身が少年期からニコラテスラの技術を知っており、
 その発電プラントが、昨年、すでにテキサスで実用化していること。
③これまでの、石油を代表とする化石燃料が、国際政治を左右する支配的
戦略物質という位置づけが、もう、間もなく終わるということ。
④マネーを人類のダイナモにする文明システムの「クラッシュと切り替え」
を、最小限の破壊と損失で終わりにしようとしている英知たちがいて、
隠れながら連携しあって、カバルの処分に入っているということ。

その意味で、このブログは参考になります。https://youtu.be/ToJMhYeiEb8

しかし、ここにある、金融についての知識は、稚拙です。
今後の通貨システムは、単なる金本性ではない。
とりあえず、今日はここまで。

ぬなとショップおすすめ商品

『瓊音倶楽部』『皆神塾』のご案内

何のために、私たちはこの世に存在するのか?
この問いは、6000年前に文明が始まった時から続いています。
瓊音倶楽部では、この問いに対して、人体(機能)と心(魂)からなる「人間」を見つめます。
人類は、文明を生み出しましたが、それによって生きている人間の喜びが、つぶされては意味がありません。
どんなに喜び、生きるのか?私たちは、皆さんと一緒になって考えていきます。(注)「瓊音」とは、全てのイノチのヒビキのことです。

『皆神塾』:文明アナリスト・新井信介を中心に、隔月で開催する勉強会です。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野の問題を解き明かしていきます。

(注)『皆神塾』は隔月で開催しており、講演内容はDVDに収録して販売しております。
詳細については「瓊音ショップ」をご覧ください。

『瓊音倶楽部』:会員制(有料)で、毎月1回情報誌をお届けしています。
「皆神塾」や「ブログ」などでは、お伝えできないようなオフレコ情を含めて、「明確で強いメッセージ」を会員限定でお届けしています。

また、月次でレポートをお届けするだけではなく、様々な特典がございます。詳細については、以下の「瓊音倶楽部のご案内」(PDFファイル)をご覧ください。
》瓊音倶楽部のご案内(PDFファイル)

「皆神塾」「瓊音倶楽部」についてご興味のある方、ご不明な点がございましたら、下記問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
》お問い合わせ

この記事を書いた人

新井信介

新井信介

1957年長野県中野市生まれ。東京外国語大学(中国語専攻)から住友商事を経て独立。中国の改革開放に立ち会い、独立後は西欧世界にもネットワークを構築。地球史の視野で、国家・宗教・マネーの意味と構造を探り、個人の可能性(想像性・創造性)と、普遍的文化価値を探求している。そのために、『皆神塾』を主宰し、会員制の『瓊音(ヌナト)倶楽部』も立ち上げて、研鑽を深めています。