フクシマ沖の地震で、何で首都の千代田区が停電なの?北富士の火災と関係する?そんなことより、農民パンクの切腹ピストルズを発見して、私しゃ嬉しい。完全に明治からの日本近代の「心の縛り」をぶっ飛ばしている。

なんか、昨夜の地震は、フクシマと首都東京が、何かで繋がっているのを示しているのかな。

特に、日比谷公園横の帝国ホテルには、大きな秘密があるのでしょう。

皇居の地下には、核シェルターがあると戦後、ずっと噂されていました。

やんごとなき方がそこに入るのなら、それなりの入り口や施設が必要だと考えられるので、

そうなると、戦前からの高級ホテルの地下に何かあってもおかしくないね。

戦後の日本国が、アメリカに面従腹背だったら、しかも、自国民に対しとんでもないことをしていたら、必ず天罰が当たるよね。

私は、2012年からは、魚座から水瓶座への大変化期で、まず、女性性の復権ともなるってことで

ベビーメタルが大好きになりましたが、このプロダクションが問題ありすぎでした。

結局、彼女たちとメタルの精神を、商品として食い物にしただけに終わってしまった。悲しい~。

それに対し、ここ3年、とくに令和になる直前、NYに行って大人気になったのが、

和製パンクの 切腹ピストルズ

これ、お囃子ベースの楽団だよ。

明治なって絶滅した日本狼の残党を自称し、

明治の近代化で、文化の喜びにまで、枠(規制)に嵌められたことに怒り爆発。

日本の神楽など、お祭りのリズムを、どんちゃん騒ぎ。

これが、民衆の力。百姓一揆。

幕末のエエジャないか は 幕藩体制を壊すエネルギーではあったが、

伊勢の皇祖神に、政治的に、誘導されてしまった。

それで、確かに、統治体は、一極に大きな力を集めたけど、

今はもうそこに、性悪トカゲが取り付くほど腐りきってしまった。

それなら、もういちど、近代を全部、引っ剥がして、

「地湧」のエネルギーを解放・開放してやれ。

地球の原初生命は、炭素を多く持つアミノ酸が自己増殖することで始まった。

しかし、明治はどうだった? 近代はどうだった? 

純粋な生命の喜びはあったか?

みんなが、形ばかりの、ダイヤモンドを目指した?

そんなもの、光っていても人を傷つけるばかりだったじゃないか!

今、欲しいのは「田ドン」

 … 大地にある「炭(墨)」のエネルギー。

泥だらけになって、それを、身にまとうことで、

一から創れるぜ!!!

まあ、彼らの世界を、まずは、楽しめ!

何も考えず、ただただ感じて、浸りきれ!

Seppuku Pistols Times Square 切腹ピストルズ@タイムズスクエア – YouTube

Seppuku Pistols NY El Cortez 切腹ピストルズin NY エル・コルテス – YouTube

Seppuku Pistols Farmers’ Kabuki Stage 農村歌舞伎舞台 – YouTube

Seppuku Pistols prayer and performance at Musashi Mitake Shrine 2020年6月21日 切腹ピストルズ 武蔵御嶽神社 奉納演奏 – YouTube

ぬなとショップおすすめ商品

『瓊音倶楽部』『皆神塾』のご案内

何のために、私たちはこの世に存在するのか?
この問いは、6000年前に文明が始まった時から続いています。
瓊音倶楽部では、この問いに対して、人体(機能)と心(魂)からなる「人間」を見つめます。
人類は、文明を生み出しましたが、それによって生きている人間の喜びが、つぶされては意味がありません。
どんなに喜び、生きるのか?私たちは、皆さんと一緒になって考えていきます。(注)「瓊音」とは、全てのイノチのヒビキのことです。

『皆神塾』:文明アナリスト・新井信介を中心に、隔月で開催する勉強会です。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野の問題を解き明かしていきます。

(注)『皆神塾』は隔月で開催しており、講演内容はDVDに収録して販売しております。
詳細については「瓊音ショップ」をご覧ください。

『瓊音倶楽部』:会員制(有料)で、毎月1回情報誌をお届けしています。
「皆神塾」や「ブログ」などでは、お伝えできないようなオフレコ情を含めて、「明確で強いメッセージ」を会員限定でお届けしています。

また、月次でレポートをお届けするだけではなく、様々な特典がございます。詳細については、以下の「瓊音倶楽部のご案内」(PDFファイル)をご覧ください。
》瓊音倶楽部のご案内(PDFファイル)

「皆神塾」「瓊音倶楽部」についてご興味のある方、ご不明な点がございましたら、下記問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
》お問い合わせ

この記事を書いた人

新井信介

新井信介

1957年長野県中野市生まれ。東京外国語大学(中国語専攻)から住友商事を経て独立。中国の改革開放に立ち会い、独立後は西欧世界にもネットワークを構築。地球史の視野で、国家・宗教・マネーの意味と構造を探り、個人の可能性(想像性・創造性)と、普遍的文化価値を探求している。そのために、『皆神塾』を主宰し、会員制の『瓊音(ヌナト)倶楽部』も立ち上げて、研鑽を深めています。