ネコババ・ピンハネのないマネーの流れ、自然と感じ合う・交響する人間活動の「新しい革袋」(経済システム・所有関係・現実創造)を必死で考える。内発的創造性は誰もにあるし「三人寄れば文殊の知恵」。

マネーをどう流すか?
マネーにどんな使命をもたすか?

あの名古屋の歯科医中里博泰氏と、なんど話し込んだことか。
そして、マドモアゼル愛さんとは、この自然の営みとその風土を
人間はどう利用すべきか、個々の空間毎、どう位置づけるべきか?
音楽の山、出産の森、人間の暮らしがそのままで生きた芸術作品。
時空を超えて多くの「物語」が交錯し、魂が純化する芳醇な世界。

裏側で、きちんと「快適さ」と「安全」を支える科学技術。
ゴミがない。エネルギーはすべて自然と順応するエネルギー。
人間は、自然界を美しく整える「理髪屋さん」。

私的所有ではないが、個が生かされ、尊重されている。
もちろん、生存が保証され、孫やひ孫の顔が見れる。

そこに暮らすだけで、健康体になり、心が通いあい、
同じ志の同好の人間が繋がり、集まり、行動し、地上の
三次元空間に、次々と、想像と創造を繰り返す。

「マネー」に、どういう性格付けをすればいいのか?

信頼資本、自然資本、感動資本。
自然の利子(実り)で生きる。

考えています。

今、金融機関にも、国家にも、マネーはあるものの、
「古い革袋」のままでは、
邪で節操のない人間に、ネコババ(個人秘匿)されるだけ。

マネーをつかって、マネーのいらない世界をつくる。
病院医者も警察も役所も銀行も要らない世界。人間社会。

こっちの話も、みんなでしていきたい。

ぬなとショップおすすめ商品

『瓊音倶楽部』『皆神塾』のご案内

何のために、私たちはこの世に存在するのか?
この問いは、6000年前に文明が始まった時から続いています。
瓊音倶楽部では、この問いに対して、人体(機能)と心(魂)からなる「人間」を見つめます。
人類は、文明を生み出しましたが、それによって生きている人間の喜びが、つぶされては意味がありません。
どんなに喜び、生きるのか?私たちは、皆さんと一緒になって考えていきます。(注)「瓊音」とは、全てのイノチのヒビキのことです。

『皆神塾』:文明アナリスト・新井信介を中心に、隔月で開催する勉強会です。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野の問題を解き明かしていきます。

(注)『皆神塾』は隔月で開催しており、講演内容はDVDに収録して販売しております。
詳細については「瓊音ショップ」をご覧ください。

『瓊音倶楽部』:会員制(有料)で、毎月1回情報誌をお届けしています。
「皆神塾」や「ブログ」などでは、お伝えできないようなオフレコ情を含めて、「明確で強いメッセージ」を会員限定でお届けしています。

また、月次でレポートをお届けするだけではなく、様々な特典がございます。詳細については、以下の「瓊音倶楽部のご案内」(PDFファイル)をご覧ください。
》瓊音倶楽部のご案内(PDFファイル)

「皆神塾」「瓊音倶楽部」についてご興味のある方、ご不明な点がございましたら、下記問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
》お問い合わせ

この記事を書いた人

新井信介

新井信介

1957年長野県中野市生まれ。東京外国語大学(中国語専攻)から住友商事を経て独立。中国の改革開放に立ち会い、独立後は西欧世界にもネットワークを構築。地球史の視野で、国家・宗教・マネーの意味と構造を探り、個人の可能性(想像性・創造性)と、普遍的文化価値を探求している。そのために、『皆神塾』を主宰し、会員制の『瓊音(ヌナト)倶楽部』も立ち上げて、研鑽を深めています。