「2020東京五輪は日本版カバール(満州亡霊)復活の日のはずだったが、、、英霊たちの真実の声は、宇宙からのエネルギーを受け、son清算に向かわせたようです。」

澤野大樹氏が、㋅末の段階で、今回のオリンピックにつて、
以下の指摘をしていました。

以下から転載します。
宇宙の中心で、愛を叫ぶ。
拡散!日本は「グローバルDS」対「日本DS」対「民衆派」の3つ巴の戦い? | 神軍物語:人類が心眼を拓きアセンションする鍵は、人類大救世主大塚寛一先生の秘蔵書「暗夜の光明」の中にあった‼️

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

日本のカバールDSは、
一度は志半ばで失敗したが、
しかしいつか再び
必ず成し遂げると誓った
自らの世界グローバル共産革命の際に、
靖国神社に封印しておいた
246万6千柱の「英霊」を
鬼化させて使役する目論見がありました。
そのためには、
彼らを「呼び覚まさなければならない」わけ。
その封印を解くための「儀式」が
今回の東京五輪の本当の目的だと
私は考えているわけです。
その「儀式」は、
日本古来のものとは縁もゆかりもない
大陸、半島由来の
「招魂」の霊的呪詛でしょう。

ぬなとショップおすすめ商品

『瓊音倶楽部』『皆神塾』のご案内

何のために、私たちはこの世に存在するのか?
この問いは、6000年前に文明が始まった時から続いています。
瓊音倶楽部では、この問いに対して、人体(機能)と心(魂)からなる「人間」を見つめます。
人類は、文明を生み出しましたが、それによって生きている人間の喜びが、つぶされては意味がありません。
どんなに喜び、生きるのか?私たちは、皆さんと一緒になって考えていきます。(注)「瓊音」とは、全てのイノチのヒビキのことです。

『皆神塾』:文明アナリスト・新井信介を中心に、隔月で開催する勉強会です。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野の問題を解き明かしていきます。

(注)『皆神塾』は隔月で開催しており、講演内容はDVDに収録して販売しております。
詳細については「瓊音ショップ」をご覧ください。

『瓊音倶楽部』:会員制(有料)で、毎月1回情報誌をお届けしています。
「皆神塾」や「ブログ」などでは、お伝えできないようなオフレコ情を含めて、「明確で強いメッセージ」を会員限定でお届けしています。

また、月次でレポートをお届けするだけではなく、様々な特典がございます。詳細については、以下の「瓊音倶楽部のご案内」(PDFファイル)をご覧ください。
》瓊音倶楽部のご案内(PDFファイル)

「皆神塾」「瓊音倶楽部」についてご興味のある方、ご不明な点がございましたら、下記問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
》お問い合わせ

この記事を書いた人

株式会社K2O

株式会社K2O