日本では鳴門で生まれたコウノトリの「令」・「和」が死んでしまった。でも、人類世界は中国人民元に続いて、日米欧の中央銀行がデジタルマネー実用化に向かって足並みそろえて動き出した。

コウノトリの令和は、徳島の鳴門にいたのですね。

https://www3.nhk.or.jp/lnews/tokushima/20201012/8020009112.html

鳴門は、新井説では、
 AD247の卑弥呼の死を訊いた、司馬懿が、張政を送った場所。
そのとき、淡路島の諭鶴葉山(現在の諭鶴神社)に、ある男女がが来たんだよね。
それが、現地に残るイザナギ・イザナミ来訪伝説。これは開化時代とされています。

その淡路島の東南に浮かぶ小島が、オノコロ島とされる、勾玉型の沼島。
ここに、イザナギ・イザナミが渡って、そっから
日本建国の物語が始まっているのですよね。

一方、令和二年の10月は、人類世界では、マネーに関し、大変化。、

日米欧の中央銀行が、デジタルマネーの実用化に動き出す。
これは、中国の人民元を追いかけるもの。

来年のオリンピック前までに、部分でも実施できるようにするのでしょう。

あと半年。かなり、力技になりますね。

問題は、そのとき、菅さんがいるのかどうか?

https://moneyzine.jp/article/detail/217519

中央銀のデジタルマネーが実用化したら、ウルトラリッチの権力が、急速に失われていきますね。

ぬなとショップおすすめ商品

『瓊音倶楽部』『皆神塾』のご案内

何のために、私たちはこの世に存在するのか?
この問いは、6000年前に文明が始まった時から続いています。
瓊音倶楽部では、この問いに対して、人体(機能)と心(魂)からなる「人間」を見つめます。
人類は、文明を生み出しましたが、それによって生きている人間の喜びが、つぶされては意味がありません。
どんなに喜び、生きるのか?私たちは、皆さんと一緒になって考えていきます。(注)「瓊音」とは、全てのイノチのヒビキのことです。

『皆神塾』:文明アナリスト・新井信介を中心に、隔月で開催する勉強会です。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野の問題を解き明かしていきます。

(注)『皆神塾』は隔月で開催しており、講演内容はDVDに収録して販売しております。
詳細については「瓊音ショップ」をご覧ください。

『瓊音倶楽部』:会員制(有料)で、毎月1回情報誌をお届けしています。
「皆神塾」や「ブログ」などでは、お伝えできないようなオフレコ情を含めて、「明確で強いメッセージ」を会員限定でお届けしています。

また、月次でレポートをお届けするだけではなく、様々な特典がございます。詳細については、以下の「瓊音倶楽部のご案内」(PDFファイル)をご覧ください。
》瓊音倶楽部のご案内(PDFファイル)

「皆神塾」「瓊音倶楽部」についてご興味のある方、ご不明な点がございましたら、下記問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
》お問い合わせ

この記事を書いた人

新井信介

新井信介

1957年長野県中野市生まれ。東京外国語大学(中国語専攻)から住友商事を経て独立。中国の改革開放に立ち会い、独立後は西欧世界にもネットワークを構築。地球史の視野で、国家・宗教・マネーの意味と構造を探り、個人の可能性(想像性・創造性)と、普遍的文化価値を探求している。そのために、『皆神塾』を主宰し、会員制の『瓊音(ヌナト)倶楽部』も立ち上げて、研鑽を深めています。